日記・コラム・つぶやき

2020年7月 1日 (水)

レジ袋有料化、高い?安い?その1

世界で最初にレジ袋を禁止にした国は?

いよいよ今日から日本もレジ袋有料化がスタートですね。よくわからない例外規定があったり、エコバッグでコロナに感染するリスクが?と話題になったりしていますが、とにもかくにもスタートです。

ちなみに、エコバッグ利用によるコロナ感染リスクを気にしても仕方ない、と専門家も明言されていますのでご安心を。

エコバッグ、コロナリスクは? 専門家「気にし過ぎ不要」―レジ袋有料化

専門家らは「エコバッグとレジ袋のどちらが清潔だという根拠はなく、気にし過ぎは良くない」と、過剰な心配は不要と訴える。

時事通信2020年7月1日

さて、日本ではやっと(例外もありつつ)有料化がスタートしましたが、世界の状況はどうなっているのでしょう?

少し古いデータになりますが、国連環境計画(UNEP)の2018年の報告によると、127ヵ国がレジ袋に対するなんらかの法規制を実施しており、うち83ヵ国は無料配布を禁止していました。特に発展途上国では、廃棄物処理の社会的なシステムが十分ではないこともあってごみ問題が深刻化していることを背景に、アフリカでは25ヵ国、アジアでは14ヵ国が国あるいは地方自治体でレジ袋の無料配布を禁止していると報告されています。

レジ袋の製造・無料配布・輸入を禁止している国

Fig1
出典)UNEP(2018) ”Legal Limits on Single-UsePlastics and Microplastics:A Global Review of National Laws and Regulations", p.16


ちなみに、プラスチック製レジ袋を最初に「禁止」した国はどこでしょう?

それはバングラデシュと言われています。バングラデシュでは、プラスチックごみにより雨水の排水が阻害され大規模な洪水が発生したことから、2002年にプラスチック製レジ袋の提供を禁止しました。ちなみに、レジ袋禁止によってもたらされた社会的な便益は、約5億8500万タカ、当時の為替レートで約10億円の効果があったとされています(Ahmed and Gotoh, 2005)。

外部性という問題

私は経済学を専門としていますが、経済学においてはごみ問題をはじめとした環境問題は、「外部性」によってもたらされる問題であると考えます。

外部性とは、ある経済主体の活動が市場を経由することなく、他の経済主体に影響を及ぼすことをいいます。

外部性が他の経済主体にとってプラスの影響をもたらす場合には「正の外部性」(あるいは外部経済)、マイナスの影響を与える場合は「負の外部性」(あるいは外部不経済)といいます。

和歌山県・友ヶ島の海岸に漂着したごみ

32623_613564638673143_753760712_n

では、外部性がきちんと価格に反映されないと、どうしたことが起こるでしょう。

もし正の外部性が存在する場合、その財がもたらすメリットが適正に価格に反映されないので、自由な市場においては社会的に望ましい水準に比べて過小供給となります。

一方、負の外部性が存在する場合、その財のもつデメリットが費用に反映されないため、社会的に望ましい水準よりも過大に生産が行われ、より大きな被害をもたらすことになります。

 

このことを図を使って説明してみましょう。

負の外部性と厚生損失

Fig2

縦軸に価格(P、横軸に財の生産量(Xをとります。

モノ(財)の価格が高いと少ししか買えませんし、安くなるとたくさん買えますよね。ですので、ある財に対する私たち消費者の需要量と価格の関係を示す需要曲線(Dは右下がりの線として描かれます。

  • 数学では、直線は曲線の一部(傾きが常に一定のもの)です。なので、需要「曲線」といいます。

一方、生産者の場合はというと、モノ(財)を作れば作るほど追加的に費用がかかります。これを限界費用(Marginal Cost: MCと言い、一般的には右上がりの線として描かれます。

  • 余談ですが、少し前に「限界費用ゼロ社会 〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭」(ジェレミー・リフキン、2015)という本が注目を集めました。IoT(モノのインターネット)インフラへと急速に移行することで、モノやサービスを追加的に生み出すコスト(限界費用)が限りなくゼロに近づくため、将来モノやサービスは無料になってシェアリングエコノミーが広がり、資本主義経済は大きく変わる、というお話です。この「限界」という言葉はmarginalの訳で、数学でいう微分のことですが、経済学を学び始めたばかりの学生が戸惑う言葉の代表格ですね。

さて、生産者は原材料価格や人件費、光熱水費といった「目に見える費用」は簡単に把握できます。この「目に見える費用」のことを私的限界費用(Private Marginal Cost: PMCといいます。そして、いくつかの前提条件を満たすとき、私的限界費用曲線(PMC)と供給曲線(S)は一致します。

何もしなければ、消費者の需要曲線(D私的限界費用曲線(PMCの交わるところE'で、生産量(X'価格(P'が決まります。

 

ところが、レジ袋をはじめとした使い捨てプラスチックは、生き物やヒトの健康への影響だけではなく、埋め立てごみの急増や焼却処分による温室効果ガスの増加、そしていつまでも分解しないことで海のプラスチック汚染を引き起こすなど、さまざまな環境問題の原因となっています。さらにはいったん環境中に流出したプラごみを回収するためには膨大な労力が必要です(というよりは回収不能です)。使い捨てプラスチックは負の外部性を持つ典型的な財といえるでしょう。

こうした社会全体におよぼす負の影響も含めたものが社会的限界費用(Social Marginal Cost: SMC)です

  • 社会的限界費用(SMC私的限界費用(PMCの差が外部性の大きさになります。ただし、それがいったいどれくらいの大きさになるのかは「よくわからない」というのがポイントです。だって、市場の「外部」の話なのですから!

さて、社会全体で見たときに望ましい生産水準(X*)は、というと、需要曲線(D社会的限界費用(SMCの交わる点(E)で決まります。

負の外部性(外部不経済)が存在する場合、社会的に望ましい価格よりも安く(P*→P')、社会的に望ましい量を超えて生産(X*→X’されてしまいます。

より安く、より多く、そりゃあいつまで経っても問題は解決しないわけです。

  • ちなみに、難しい説明は割愛しますが、負の影響は社会全体に損失をもたらします。それが図中のEE'Fであらわされる厚生損失です。簡単に言うと、社会から失われた「価値」や「富」です。より豊かになりたければ、すなわち社会的厚生を高めるためには、何とかしてこの厚生損失を無くさないといけません。

たとえば碓井・田崎(2016)では、全国のスーパーやコンビニを対象に、レジ袋などの容器包装について1)有償提供、2)景品等の提供、3)繰り返し使用可能な買物袋等の提供、4)消費者への意思、5)容器包装の量り売り、を比較したところ、1)有償提供だけが削減の効果があることを明らかにしています。

レジ袋もタダで配るのではなく、有料化(有償化)したほうがよさそうですね。では、レジ袋の「価格」はいくらであればいいのでしょう?

社会的に望ましい生産量(X*)において、生産者が認識できる私的限界費用(PMC)はP'となります。でも本当は、レジ袋の価格はそれより高い、需要曲線(D)と負の外部性を含む社会的限界費用(SMC)の交点(E)から導かれるP*でないといけません。

レジ袋有料化、といっても多くのお店では、せいぜい数円どまりです。それは単なる資材価格として、従来は商品価格に含まれていたレジ袋の費用を、私たち消費者に「見える化」しただけ。何か追加的に上乗せされたわけではありません、「有料化」されたわけではないんですよね

もちろん、「見える化」に一定の効果があることは事実ですが、本当に社会的に望ましい水準までレジ袋の使用量を減らせるのか、というと大いに疑問が残ります。

実際のところ、いったいレジ袋は何円にすればいいのでしょう?あるいは、ほかの方法はあるのでしょうか?次回はそうしたことを考えてみたいと思います。ではまた!

| | コメント (0)

2012年5月 6日 (日)

保津川と、こいのぼりと、BBQごみと、Facebook

Img_2196

長かったゴールデンウィークもいよいよ終わり、みなさんはいかがお過ごしになったことでしょう。私はといえば、毎朝のBBQごみの清掃に、こいのぼりイベントに、と、近くの保津川に今年もどっぷり浸かったGWでした。

続きを読む "保津川と、こいのぼりと、BBQごみと、Facebook"

| | コメント (0)

2012年4月24日 (火)

セーフコミュニティの町で悲しい事件が起きました

1335220560183.jpg 私の住む、京都府亀岡市で、通学中の子供たちの列に無免許運転の暴走車が突っ込み、沢山の子供たちや親御さんが巻き添えになる、何ともやりきれない事故が起きました。いや、事故というよりは、事件でしょう。

続きを読む "セーフコミュニティの町で悲しい事件が起きました"

| | コメント (2)

2012年4月16日 (月)

嬉しい誤算の「講演」

Img_8032

今日は午前中に保津川での清掃活動。午後は、亀岡市東部自治会の総会にお呼びいただきました。

最初は、海ごみサミットの事務局を共同で務める市役所の担当の係長さんが出席して、サミットの説明を簡単にする、ということだったのですが、所用があるとのことで急きょピンチヒッター・・・(総会などとは聞いておらず、苦笑)。

続きを読む "嬉しい誤算の「講演」"

| | コメント (0)

2012年3月20日 (火)

世界中に、とびだす100通りのありがとう

Photo

一昨日、東京・銀座で上演されたミュージカル「とびだす100通りのありがとう」を観てきました。宮城県で被災された114人のみなさんが世界中に「ありがとう」の気持ちを伝えたい、と演じられた舞台です。

続きを読む "世界中に、とびだす100通りのありがとう"

| | コメント (2)

2012年1月27日 (金)

福岡で、考えた

Photo

昨日から2日間、大学の校務で福岡に出張でした。3年ぶりの福岡、久々に訪れてましたが、元気いっぱい、そして活き活きとした女性の姿が印象的な、そんな素敵な町でした。

外国人、とくに中国人の観光客の姿は、やっぱり物理的な距離が近いこともあってかたくさん見かけます。そういう意味でも、東京や京都、あるいは大阪とも全く違う活気にあふれている、何と言うのでしょう、大陸に通じる町なんだなあ、と感じる、そんな町です。

続きを読む "福岡で、考えた"

| | コメント (2)

2011年11月 9日 (水)

TPP、さて、どう考える?

321695_281089615253982_100000588379

にわかに私の周りでも盛り上がっているTPP論議。

続きを読む "TPP、さて、どう考える?"

| | コメント (2)

2011年8月 9日 (火)

送り火の護摩木問題に思うこと

Photo

京都の五山の送り火。そこに使われる“はず”だった、陸前高田市の松の護摩木。それを「保存会が使用を拒否した」ということで、世間をにぎわし、一部には「もう京都がどんな目に合っても、助けない」などという意見まで、ネット上では交わされています。

でも、本当に保存会の皆さんをはじめとした京都の人々が悪いのか?私なりに考えてみました。

続きを読む "送り火の護摩木問題に思うこと"

| | コメント (6)

2011年8月 5日 (金)

馬堀駅前商店街の夏祭り

Nec_1913

私の住む京都府亀岡市は、日本で初めてWHO(世界保健機構)からセーフ・コミュニティの認証を受けたまちです。

セーフ・コミュニティとは、「事故・けがは偶然の結果ではなく、予防できる」という理念のもと、行政はもちろん、地域住民、NPO、関係民間団体など、多くの主体の協働により「住民全員が健やかで元気に暮らすことができるまち」のことです。

この取り組みは、スウェーデンの地方都市で始まった住民の手で安心・安全な社会をつくろうという運動をもとにしていて、WHOにより体系化されたもので、 「みんなが事故・犯罪・怪我なく、安心して暮らしていくにはどうすべきか。」を地域住民が考え、力を合わせてその原因を取り除いていこうとするものです。

さて、今夜は近くの商店街の夏祭りが行われました。

続きを読む "馬堀駅前商店街の夏祭り"

| | コメント (0)

2011年4月10日 (日)

上を向いて歩こう♪ ~チャリティ石窯ピザ

Dscn5829_2

今日は京都・亀岡の隅田農園で、石窯でピザ焼き体験とお花見で東日本大震災の復興支援のチャリティー、という素敵な催しがありました。

続きを読む "上を向いて歩こう♪ ~チャリティ石窯ピザ"

| | コメント (2)

より以前の記事一覧