川の話

2020年7月31日 (金)

ポイ捨てだけが悪いのか?

Img_1578

最近はマスクなどコロナごみのポイ捨ても多いですね。

いよいよ明日(8/1)、私の住む亀岡市でも「ポイ捨て禁止条例」が施行されます。プラごみゼロに取り組む亀岡市で、レジ袋禁止のようにある意味事業者のみなさんに制約を課すのであれば、海や川の大きな原因になっているポイ捨ても罰しないといけないのでは?ということで市議会で議員提案で成立した条例です。

その背景には、ごみのリサイクル率12年連続全国一の鹿児島県大木町を市議のみなさんが視察された折に、ポイ捨て禁止条例がまちづくりに大きな成果を挙げてきた、ということを学んでこられて「議員提案で条例を作ろう!」となったとお聞きしています。

条例の制定にあたっては、私が代表理事をつとめているプロジェクト保津川でも、条例の制定に向けた意見書を提出しました。

この条例では、もちろんポイ捨てを罰する(過料を徴収する)ということも大切ですが、それと同時にポイ捨てさせない町づくりを目指すべきではないかということで、自販機横への回収ボックスの設置の義務化などを要望し、条例にもそのことを盛り込んでいただきました。

 

Dscn1766

花火大会の後のごみはどこでも大きな問題に。

 

さて、7月1日から始まったレジ袋の有料化ですが、「レジ袋は悪くない、ポイ捨てするヤツが悪い!」という議論も少なくありません。そこで今回はこの「ポイ捨て」問題とプラごみ対策について考えてみたいと思います。

お断りしておきますが、決して「ポイ捨て」を擁護するわけではありませんので悪しからず(苦笑)

 

なぜ、ポイ捨てを取り締まるだけでは不十分なのでしょうか?それは簡単なことで、すべてのポイ捨てを取り締まることは不可能だからです。

 

広範囲に散乱するポイ捨てごみを、最も低い費用で回収できるのは誰でしょう?

それは言うまでもなく、ポイ捨てした人自身です。

その次に低い費用で回収できるのは、ポイ捨てされたごみを見つけた人ですよね。

そしてこうした人々がごみを拾い、市町村などが引き受け、税金を使って処分しています。

 

Dsc_0058

保津川でも雨のあとはあちこちにレジ袋の花が咲きます。

 

Dscf9504

大雨のあとは、頭上のはるか上にレジ袋などシート系のごみが引っ掛かります。

 

Dsc_0175

Pa060356

保津川下りの船頭さんやラフティングのインストラクターのみなさんが、一つ一つ、手で回収してくださっています。

 

いうまでもなく、レジ袋やペットボトルなどのプラごみのポイ捨てはその回収費用がかかるだけではなく、散乱したごみによる景観の悪化や、さらに生態系への悪影響といった負の外部性をもたらします(外部性についてはこちらを参照)。

しかし、こうした費用は消費者が直接負担するわけでもないため、「タダ」と錯覚され、プラスチック製品は社会的に最適な水準を超えて利用され、大きな外部費用を発生させてしまいます。

 

では、どうすればポイ捨てを防ぐことができるでしょうか?

そのためには、ポイ捨てのようなごみの不適切な処理に対して、監視をすればいいかもしれません。

でも、その監視費用は天文学的な額になるでしょうし、ポイ捨てをした人全員に罰金を科すことは事実上不可能でしょう。

 

レジ袋の有料化のように、一定の額を上乗せする方法どうでしょう?

これも、これまでに議論してきたように、ポイ捨てが社会に及ぼす費用に見合った額を販売価格に上乗せできればいいですが、広範囲にわたって不特定多数の人によって利用される使い捨てプラスチック製品に正確にその額を上乗せすることは不可能です。

モノによっては、別の解決手法もあるのですが、それはまた機会を改めてご紹介しますね。

 

そして、レジ袋そのものがもつ環境リスクについても考えないといけません。

レジ袋は石油から出来ています。きちんとごみとして出されたとしても、燃やしてしまえばCO2の発生源にもなり、気候変動を防ぐという観点からも望ましくありません(日本でもプラスチックごみはほとんど焼却処分されています)。

レジ袋の原材料のポリエチレンは、石油精製の際にできるナフサから作られているのでエコだ、という主張もありますが、そもそも世界が脱石油に向かう中ではあまり意味のある主張ではないでしょう(そして日本はポリエチレンはすでに輸入超です)。

 

さらに、レジ袋の有毒性にも触れておく必要があります。

 

それは、DEHP(フタル酸ジ-2-エチルヘキシル)という化学物質の存在です。DEHPは可塑剤、つまり柔らかくするために添加されています。

東京農工大学の高田秀重先生らのグループの調査によると、一般的に町中で買うことのできるプラスチック製品や海岸に流れ着いたプラスチック製品を調べたところ、ペットボトルのフタ、レジ袋、食品容器のDEHPの濃度が特に高かったということです。中でも特にレジ袋が高い結果になり、他のプラスチックの10倍多く含まれていました(図1)。

Fig1_20200801002701

図1 購入製品および海岸漂着プラスチック製品中のフタル酸エステル濃度

出所:環境省 環境研究総合推進費「海洋プラスチックごみ及びその含有化学物質による生態影響評価」(SII-2-2)中間研究成果報告書



このDEHPのについては、メーカーで作る業界団体は危険性はない、という立場です。


Q1. DEHPは危険な物質ですか?

DEHPはその有害性がこれまで世界で最もよく調査されてきた物質であり、医療用途を含め広く使用されてきましたが、ヒトに健康問題を引き起こした事例はありません。
各国の公的なリスク評価書(EU、米国、日本)では現行使用でのリスクは認められず、現行を超える規制は必要ない、と結論付けられています。
安全性の目安となる一つの具体例;ラットを用いた経口投与試験でのLD50値(半数致死量)は30~34g/体重kgであり、その値は食塩(8~10)や砂糖(8~12)より大きく、急性毒性は極めて低いです。また、皮膚の吸収毒性や、眼や皮膚に対する刺激性も極めて低く、危険な物質ではありません。

出典:可塑剤工業会ウェブサイト(最終アクセス:2020/7/31)

 

ですが、ネズミ類を用いた動物実験で大量に投与した際に毒性が認められた、ということで、以前から、DEHPは日米欧各国で、玩具などへの使用は禁止されてきました。現状では、ヒトへの影響は不明な部分も多いということで、「予防原則」にもとづいて規制されています。

 


予防原則

欧米を中心に取り入れらてきている概念で、化学物質や遺伝子組換えなどの新技術などに対して、人の健康や環境に重大かつ不可逆的な影響を及ぼす恐れがある場合、科学的に因果関係が十分証明されない状況でも、規制措置を可能にする制度や考え方のこと。

(中略)

1992年の国連環境開発会議(UNCED)リオ宣言は、原則15で予防原則について以下のように記している。「環境を保護するため、予防的方策(Precautionary Approach)は、各国により、その能力に応じて広く適用されなければならない。深刻な、あるいは不可逆的な被害のおそれがある場合には、完全な科学的確実性の欠如が、環境悪化を防止するための費用対効果の大きい対策を延期する理由として使われてはならない」。

これは、地球温暖化対策などで、科学的な不確実性を口実に対策を拒否または遅らせる動きの牽制とする意味合いもある。(2015年2月確認)

出典:EIC環境ネット環境用語集(最終アクセス:2020/7/31)

 

EUではDEHPは「高懸念物質」の一つに指定され、2019年7月22日より電子・電気機器における特定有害物質の使用制限に関する改正RoHS指令(RoHS2.0)により、使用禁止物質に指定されました。

また、 人々の健康や環境保護、欧州の科学産業競争力の維持向上を目的にした化学物質の登録・評価・認可・制限に関する法令であるREACH規則でも、一部例外はあるものの今年7月7日以降、市場で販売されるすべての製品で使用が制限されています(例外あり)。

 

もちろん、レジ袋を食べてしまう人はいないでしょう。

Img_1083

亀岡市内からたった10数km下った保津峡でも、レジ袋はすでに劣化してボロボロに。

 

でも、薄くてもろいレジ袋は、簡単にマイクロプラスチックとなってしまいます。それが意図してポイ捨てされたものなのか、それとも風に飛ばされたというように意図せずして流出したものかを問わずに、です。

マイクロプラスチックとなったレジ袋は、プランクトンが食べ、それを魚が食べ、そして最後には私たち人類がその魚を食べます。実際に、こうしたプラスチックに含まれる有害物質が、海鳥の体内に移行して蓄積しているという研究成果も明らかになっています(Tanaka et al. 2020)。

 

ポイ捨ては悪い。でも、レジ袋そのものも悪い。

だから世界の多くの国や自治体が、有料化、そして使用禁止へと舵を切っているのです。

 

レジ袋はじめ、プラごみ問題をポイ捨てだけに原因を求め、自己責任の問題としてはいけないのか?、今回は化学的なことも含めて解説しましたが、次回は費用負担の面からも考えてみたいと思います。

 

では、また!

 

| | コメント (0)

2020年7月 9日 (木)

レジ袋有料化、高い?安い?その2

Ca8d15c10c044feea44e7ce976505db1

連日の大雨で各地で大きな被害が出ていて心が痛みます。私の身近なところでも大きな被害が出ており、気候変動がいよいよ現実の脅威となってきたと感じます。

さて、今回の前回に引き続き、レジ袋有料化について考えてみたいと思います。みなさんの近くのお店では、レジ袋は何円になったでしょう?筆者の住む京都府亀岡市(ちなみに来年1月からはレジ袋は提供禁止、紙袋なども無償提供は禁止となります)では、スーパーや一部の個人商店ではすでに有料化には取り組んでいただいていましたが、もちろん7月1日からはすべてのお店で有償での提供になっています。

D0a8b198b39840ea8e0749d40c07b952

こちらのホームセンターはサイズや用途ごとに細かく価格を設定されています。

Ca3b2437a9e84e9d8015ac91be4fed6d_1_201_a

こちらの書店はバイオマス25%以上配合の「環境にやさしい素材」ということで、レジ袋の無料配布を継続されていました。でも、こうした代替レジ袋は、環境にやさしいどころか、最悪の選択になりうる、と国連環境計画(UNEP)が警告を出し、大きなニュースにもなりました。

ちなみにレジに並んで見ていた限りですが、半分以上のお客さんは無償であってもレジ袋を辞退されていました。「習慣」って大事ですね。

Img_1382

最近オープンしたこちらのカフェでは、紙袋のみの提供で、30円。ストローやコップも可能な限りプラスチック製品は避けてくださっています。

Img_1273

こちらのケーキ屋さんもプラスチック製レジ袋はすでに廃止、紙袋をサイズごとに有償で30円から60円まで。ちなみに進物用の焼菓子には、素敵な風呂敷も用意されていましたよ!

 

でも一体、プラスチック製レジ袋、お値段はいくらにすればいいのでしょう?前回に続いて、経済学を使って考えてみたいと思います。

前回は、「外部性」という考え方をもとに、下図ののように社会的に望ましいレジ袋の生産量(X*)を実現するためには、負の外部性を含む社会的限界費用(SMC)と需要曲線(D)との交点(E)から導かれる社会的に最適な価格P*を実現すればいいことを説明しました。

負の外部性と厚生損失

Fig2

では、この社会的に最適な価格P*はいったいどうやったら実現できるのでしょう?

20世紀を代表するイギリスの経済学者、ジョン・メナード・ケインズの終生のライバルとも言われるアーサー・セシル・ピグー(もちろん彼もまた高名な経済学者です)は、税や補助金をうまく使うことで、理論的には外部性の問題を解決できることを示しました。のちにピグー税と呼ばれる考え方です。

もう一度、前回の記事の「負の外部性と厚生損失」の図を思い出してください。

生産者が把握できる原材料価格や人件費、光熱水費といった「目に見える費用」から導かれる私的限界費用(Private Marginal Cost: PMCと消費者の需要曲線(Dが交わるところE'で、生産量(X'価格(P'が決まりました。

しかし、レジ袋は散乱すると景観を悪化させ、海洋プラスチック汚染を引き起こし、焼却したとしても地球温暖化の原因である温室効果ガスを増やしてしまいます。こうした「目に見えない費用」を「負の外部性」ということは前回、紹介しました。

こうした「負の外部性」、すなわち社会全体で発生する費用から導かれる社会的限界費用(SMC需要曲線(Dの交わるところ(E)で、社会全体にとって望ましいレジ袋の生産量(X*社会的に望ましい価格(P*が決まります。

でも、外部性は市場取引を通じないからそう呼ばれるわけで、放っておいてこの状態が実現するわけではありません。

ピグー税

Fig1_20200709142001

そこでピグーは、政府が外部性を相殺するように課税(あるいは補助金)で調整する方法を考えました。

社会的に望ましい生産量(X*)で生じる、社会的に許容されうる汚染水準を「最適汚染水準」といいます(これまた一般的にはなじめない言葉ですが、あくまで数学的な表現です)。

この最適汚染水準における私的限界費用(PMC)と社会的限界費用(SMC)の乖離分に相当する金額を、財1単位あたりの税(TAX、たとえばレジ袋1枚あたりの税)として外部不経済の発生者である生産者に課税することで、社会的に最適な価格(P*最適な生産量(X*を実現できる、というものです。

前回も書きましたが、今回の日本のレジ袋有料化は、とりあえず無償配布を禁止しようというものです。それまでも、もちろんレジ袋はお店にとってはお金を払って仕入れるもので、その代金は私たち消費者は知らないうちに商品価格に上乗せされています。

言い換えると、レジ袋が必要ない人までレジ袋代金を負担させられていたといえるでしょう。もちろん、それを禁止して、必要な人が必要なレジ袋代を支払うという「見える化」の効果は決して小さくなく、海外でも有料化により散乱するレジ袋が大幅に減少した、という例は報告されています(たとえばMarine Conservation Society 2016)。

ただ、今回紹介したピグー税のように、本当にレジ袋がもたらす被害額が適切に価格に反映(上乗せ)されているのか、というとそういうわけではありません。

とりあえず言えることは、レジ袋1枚数円、というのは安すぎる、ということでしょう。

ただ、ピグー税を導入しようと思っても課題もあります。

ピグー税をうまく設定できる前提条件として、まず規制当局である政府の「情報能力の完全性」があげられます。これは、政府が外部性の大きさを(貨幣価値の意味で)きちんと測定できる、ということです。しかし、それは極めて困難なことは言うまでもありません。

次に、「政策関与の非対称性」があります。これは、外部性を発生させる財にのみ税を課す(ないし補助金を交付)、というものです。しかし、レジ袋がもたらす環境問題は、意図せず風に飛ばされることもあるでしょう。レジ袋そのものがもつ様々なリスクもありますが、ポイ捨てという特定の人の行為によってもたらされるという面もあります。でも、こうした複合汚染は、そもそも原因の特定が困難です。

 

海洋プラスチック汚染をめぐる問題では、外部性の大きさが分からないだけではなく、社会の誰もが加害者であると同時に被害者でもあるため、原因と被害の特定も困難です。

つまり、レジ袋の価格をどれくらいにすればいいのか、は実はとっても難しい問題なのです。

次回は、海外の事例も参考に、レジ袋規制はどういう方策が考えられるのかを考えてみたいと思います。ではまた!

| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

レジ袋有料化、高い?安い?その1

世界で最初にレジ袋を禁止にした国は?

いよいよ今日から日本もレジ袋有料化がスタートですね。よくわからない例外規定があったり、エコバッグでコロナに感染するリスクが?と話題になったりしていますが、とにもかくにもスタートです。

ちなみに、エコバッグ利用によるコロナ感染リスクを気にしても仕方ない、と専門家も明言されていますのでご安心を。

エコバッグ、コロナリスクは? 専門家「気にし過ぎ不要」―レジ袋有料化

専門家らは「エコバッグとレジ袋のどちらが清潔だという根拠はなく、気にし過ぎは良くない」と、過剰な心配は不要と訴える。

時事通信2020年7月1日

さて、日本ではやっと(例外もありつつ)有料化がスタートしましたが、世界の状況はどうなっているのでしょう?

少し古いデータになりますが、国連環境計画(UNEP)の2018年の報告によると、127ヵ国がレジ袋に対するなんらかの法規制を実施しており、うち83ヵ国は無料配布を禁止していました。特に発展途上国では、廃棄物処理の社会的なシステムが十分ではないこともあってごみ問題が深刻化していることを背景に、アフリカでは25ヵ国、アジアでは14ヵ国が国あるいは地方自治体でレジ袋の無料配布を禁止していると報告されています。

レジ袋の製造・無料配布・輸入を禁止している国

Fig1
出典)UNEP(2018) ”Legal Limits on Single-UsePlastics and Microplastics:A Global Review of National Laws and Regulations", p.16


ちなみに、プラスチック製レジ袋を最初に「禁止」した国はどこでしょう?

それはバングラデシュと言われています。バングラデシュでは、プラスチックごみにより雨水の排水が阻害され大規模な洪水が発生したことから、2002年にプラスチック製レジ袋の提供を禁止しました。ちなみに、レジ袋禁止によってもたらされた社会的な便益は、約5億8500万タカ、当時の為替レートで約10億円の効果があったとされています(Ahmed and Gotoh, 2005)。

外部性という問題

私は経済学を専門としていますが、経済学においてはごみ問題をはじめとした環境問題は、「外部性」によってもたらされる問題であると考えます。

外部性とは、ある経済主体の活動が市場を経由することなく、他の経済主体に影響を及ぼすことをいいます。

外部性が他の経済主体にとってプラスの影響をもたらす場合には「正の外部性」(あるいは外部経済)、マイナスの影響を与える場合は「負の外部性」(あるいは外部不経済)といいます。

和歌山県・友ヶ島の海岸に漂着したごみ

32623_613564638673143_753760712_n

では、外部性がきちんと価格に反映されないと、どうしたことが起こるでしょう。

もし正の外部性が存在する場合、その財がもたらすメリットが適正に価格に反映されないので、自由な市場においては社会的に望ましい水準に比べて過小供給となります。

一方、負の外部性が存在する場合、その財のもつデメリットが費用に反映されないため、社会的に望ましい水準よりも過大に生産が行われ、より大きな被害をもたらすことになります。

 

このことを図を使って説明してみましょう。

負の外部性と厚生損失

Fig2

縦軸に価格(P、横軸に財の生産量(Xをとります。

モノ(財)の価格が高いと少ししか買えませんし、安くなるとたくさん買えますよね。ですので、ある財に対する私たち消費者の需要量と価格の関係を示す需要曲線(Dは右下がりの線として描かれます。

  • 数学では、直線は曲線の一部(傾きが常に一定のもの)です。なので、需要「曲線」といいます。

一方、生産者の場合はというと、モノ(財)を作れば作るほど追加的に費用がかかります。これを限界費用(Marginal Cost: MCと言い、一般的には右上がりの線として描かれます。

  • 余談ですが、少し前に「限界費用ゼロ社会 〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭」(ジェレミー・リフキン、2015)という本が注目を集めました。IoT(モノのインターネット)インフラへと急速に移行することで、モノやサービスを追加的に生み出すコスト(限界費用)が限りなくゼロに近づくため、将来モノやサービスは無料になってシェアリングエコノミーが広がり、資本主義経済は大きく変わる、というお話です。この「限界」という言葉はmarginalの訳で、数学でいう微分のことですが、経済学を学び始めたばかりの学生が戸惑う言葉の代表格ですね。

さて、生産者は原材料価格や人件費、光熱水費といった「目に見える費用」は簡単に把握できます。この「目に見える費用」のことを私的限界費用(Private Marginal Cost: PMCといいます。そして、いくつかの前提条件を満たすとき、私的限界費用曲線(PMC)と供給曲線(S)は一致します。

何もしなければ、消費者の需要曲線(D私的限界費用曲線(PMCの交わるところE'で、生産量(X'価格(P'が決まります。

 

ところが、レジ袋をはじめとした使い捨てプラスチックは、生き物やヒトの健康への影響だけではなく、埋め立てごみの急増や焼却処分による温室効果ガスの増加、そしていつまでも分解しないことで海のプラスチック汚染を引き起こすなど、さまざまな環境問題の原因となっています。さらにはいったん環境中に流出したプラごみを回収するためには膨大な労力が必要です(というよりは回収不能です)。使い捨てプラスチックは負の外部性を持つ典型的な財といえるでしょう。

こうした社会全体におよぼす負の影響も含めたものが社会的限界費用(Social Marginal Cost: SMC)です

  • 社会的限界費用(SMC私的限界費用(PMCの差が外部性の大きさになります。ただし、それがいったいどれくらいの大きさになるのかは「よくわからない」というのがポイントです。だって、市場の「外部」の話なのですから!

さて、社会全体で見たときに望ましい生産水準(X*)は、というと、需要曲線(D社会的限界費用(SMCの交わる点(E)で決まります。

負の外部性(外部不経済)が存在する場合、社会的に望ましい価格よりも安く(P*→P')、社会的に望ましい量を超えて生産(X*→X’されてしまいます。

より安く、より多く、そりゃあいつまで経っても問題は解決しないわけです。

  • ちなみに、難しい説明は割愛しますが、負の影響は社会全体に損失をもたらします。それが図中のEE'Fであらわされる厚生損失です。簡単に言うと、社会から失われた「価値」や「富」です。より豊かになりたければ、すなわち社会的厚生を高めるためには、何とかしてこの厚生損失を無くさないといけません。

たとえば碓井・田崎(2016)では、全国のスーパーやコンビニを対象に、レジ袋などの容器包装について1)有償提供、2)景品等の提供、3)繰り返し使用可能な買物袋等の提供、4)消費者への意思、5)容器包装の量り売り、を比較したところ、1)有償提供だけが削減の効果があることを明らかにしています。

レジ袋もタダで配るのではなく、有料化(有償化)したほうがよさそうですね。では、レジ袋の「価格」はいくらであればいいのでしょう?

社会的に望ましい生産量(X*)において、生産者が認識できる私的限界費用(PMC)はP'となります。でも本当は、レジ袋の価格はそれより高い、需要曲線(D)と負の外部性を含む社会的限界費用(SMC)の交点(E)から導かれるP*でないといけません。

レジ袋有料化、といっても多くのお店では、せいぜい数円どまりです。それは単なる資材価格として、従来は商品価格に含まれていたレジ袋の費用を、私たち消費者に「見える化」しただけ。何か追加的に上乗せされたわけではありません、「有料化」されたわけではないんですよね

もちろん、「見える化」に一定の効果があることは事実ですが、本当に社会的に望ましい水準までレジ袋の使用量を減らせるのか、というと大いに疑問が残ります。

実際のところ、いったいレジ袋は何円にすればいいのでしょう?あるいは、ほかの方法はあるのでしょうか?次回はそうしたことを考えてみたいと思います。ではまた!

| | コメント (0)

2020年6月28日 (日)

レジ袋は海ごみのごく一部、というのは真実か?

7月1日からの全国一斉のレジ袋有料化を前に、議論が盛り上がっています。今まであまりに「使い捨てプラスチック」を何も考えずに使ってきた(国民1人当たりの使い捨てプラスチック消費量はアメリカについで世界2位!)ことを見直すいい機会になった、という意味ではレジ袋有料化の目的の1つはすでに達せられたといってもいいかもしれませんね。

さて、友人からこんなWebサイトを教えてもらいました。

脱プラ、脱ポリ、紙袋へ切り替えをご検討のお客様へ(清水化学工業株式会社)

ポリ袋は実はエコ商材なんです。

  1. ポリエチレンは理論上、発生するのは二酸化炭素と水、そして熱。ダイオキシンなどの有害物質は発生しない。
  2. 石油精製時に(ポリ)エチレンは必然的にできるので、ポリエチレンを使用する方が資源の無駄がなく、エコ。
  3. ポリ袋は薄いので、資源使用量が少量で済む。
  4. ポリ袋は見かけほどゴミ問題にはならない。目に見えるごみの1%未満、自治体のごみのわずか0.4%。
  5. 繰り返し使用のエコバッグより、都度使用ポリ袋は衛生的。
  6. ポリ袋はリユース率が高い。例)レジ袋として使用した後ゴミ袋として利用
  7. 都内ではサーマルリサイクルし、ごみ焼却燃料になり無駄とならない。
  8. ポリ袋は紙袋の70%のエネルギーで製造可能。
  9. ポリ袋の輸送に必要なトラックの量は、紙袋の7分の1。
  10. ポリ袋の製造に必要な水の量は、紙袋の25分の1。
  11. ポリ袋は紙袋に比べ、ごみにしてもかさばらない。
  12. 紙袋は再生できるものと再生できないものがある。ラミネート加工されているものや紐の種類によっては再生処理できない。
  13. 紙袋は間伐材とはいえ森林資源を利用。

出所)清水化学工業株式会社ウェブサイトより(2020/6/28参照)

 

海や川のごみ問題に取り組んできた立場からすると、頭がクラクラしそうなことが並んでいますが、レジ袋規制にたいするこうした批判や誤解は広くみられるものです。

 

本当にプラスチック製レジ袋は「エコ」なのか?

こうした主張の中で見落とされている大事な視点の一つが、「散乱ごみ」に対する視点です。こうした視点はペットボトルなどほかの使い捨てプラスチックに関する議論でも、長年見落とされてきたことでした。

レジ袋は、とても薄くて軽いものです。前回の記事でも述べましたが、手に持っていたレジ袋が風で飛ばされてしまった、という経験は誰しも一度や二度はあるのではないでしょうか?きちんとごみ箱に捨てられたり、ごみの集積場所に出されたはずのごみがネコやカラスによって散乱してしまっている光景もまだまだ見かけます。レジ袋をはじめ、プラスチック製フィルムは、簡単に飛散し、最後は海へと流れていきます。

では、海ごみの中で、レジ袋はいったいどれくらいを占めているのでしょう?レジ袋規制を批判する人がよく示す資料の一つに、下の表があります。

漂着ごみ(プラスチック類のみ)の種類別割合

分類 重量 容積 個数
飲料用ボトル 7.3% 12.7% 38.5%
その他プラボトル類 5.3% 6.5% 9.6%
容器類(調味料容器、トレイ、カップ等) 0.5% 0.5% 7.4%
ポリ袋 0.4% 0.3% 0.6%
カトラリー(ストロー、フォーク、スプーン、ナイフ、マドラー) 0.5% 0.5% 2.7%
漁網、ロープ 41.8% 26.2% 10.4%
ブイ 10.7% 8.9% 11.9%
発泡スチロールブイ 4.1% 14.9% 3.2%
その他漁具 2.7% 2.6% 12.3%
その他プラスチック(ライター、注射器、発泡スチロール片等) 26.7% 26.9% 3.3%
  100% 100% 100%


出所)中央環境審議会循環型社会部会プラスチック資源循環戦略小委員会(第3回)資料 p.78
https://www.env.go.jp/council/03recycle/y0312-03/y031203-s1r.pdf (2020/6/28参照)

たとえば、先のポリ袋メーカーのサイトでも

容積ベースではポリ袋は海洋プラごみのわずか0.3%なのに、現在象徴的に非難されています。原因のウエイトと対策のウエイトが乖離しています。

と書かれています。

確かに漁具の占めるウェイトが圧倒的に多く、その対策が不十分なことは言うまでもありません(そして海ごみ問題に携わってきたNGOや研究者、行政関係者は長年その対策も要望しています)。

Img_6282

写真は長崎県対馬市のある海岸の様子です。地元のみなさんのご尽力で以前より大きくごみは減りましたが、それでも大量のごみが漂着し続けています。対馬は海流の影響もあり、特に韓国からのごみが多いことが特徴です。

Img_6235

処分場に集められた発泡スチロール製ブイ。この黒い袋の中はすべて海岸に流れ着いた漁業用発泡スチロール製ブイです。以前は本土まで船で運ぶしかなく、処理に多額の費用がかかっていました。

漁具の対策が待ったなし、ということは誰も否定していません。

ですが、この表を読むときには、少し注意が必要です。

まず、この数値について資料には、

※1 調査対象は、海峡を中心に、黒潮、対馬海流、親潮の影響を受ける場所という観点で、過去の調査との連続性も考慮して、平成22~27年度の間に調査した5地点に平成28年度に新たに選定した5地点を追加した計10地点。(全国の状況を表すものではないことに留意。)

と書かれています。この10地点は、海外もふくむ大量のごみが漂着する場所として、地元からも早くから対策の要望が出ていたところです。東京湾や大阪湾などの人口密集地帯からのごみの流出はこの調査結果からは残念ながら把握することができません。ですので、資料でも「全国の状況を表すものではないことに留意。」と明記されています。

そしてまた、こんなことも書かれています。

※3  発泡スチロール片等、回収中に破損等により個数が変化してしまう人工物の破片は、個数の計測はしていない。

海岸清掃に参加された方はわかると思いますが、海岸に流れ着いたごみでもっとも多いのはすでに原形を留めていない「破片」です。各地の海岸には、まるで砂のように粉々になったプラスチックが堆積しています。しかし、あまりに細かすぎて、また大量にあるため、こうしたごみを回収し、数をすべて数えることは不可能です。この破片の中には、レジ袋も多く含まれています(地域差はかなりあります)。

 

破片化するレジ袋

では、日本でもっとも多くの支川をもつ淀川水系のごみのようすはどうなっているのでしょう?上流から順番に、破片ごみも含めて見ていきましょう。

まず、淀川の上流、海から約70km遡った、京都府亀岡市の保津川古浜の調査結果です。

Hozugawa_01
調査日 2018年11月11日 出所)川と海つながり共創プロジェクト(2018)をもとに筆者作成

亀岡盆地をゆったり流れている間は、レジ袋も原形を留めていて、「ポリ袋・シートの破片」に次いで多く見つかります。ちなみに「ポリ袋・シートの破片」も多くはレジ袋の破片です。

曲がりくねった急流が続く保津峡の中に入るとどんな風になるのでしょう?

Hozugawa_02
調査日 2018年12月16日 出所)筆者作成

先ほどの場所からわずか数キロ下っただけですが、保津峡の中では、レジ袋はそんなに見つかりません。大雨の際には、保津峡は大きく増水しますが、急流で揉まれて、木々に引っかかって、どんどん破れて細かくなるので原形を留めたレジ袋は大きく減ります。

Img_2622

過去に私もこんな記事を書いていたのですね。

西友、レジ袋を全店舗で有料化へ(2012年6月 8日 (金))

わずか数キロ下った保津峡の中でも、レジ袋はもはや原形を留めていないことを紹介しています。

最後に、淀川が海にそそぐ河口ではどうなのでしょう?河口の海老江干潟の同じころの調査結果を紹介します。

Yodo_ebie
調査日2018年12月10日 出所)筆者作成

ここでは圧倒的にペットボトルが多くなっています。下の写真は、海老江干潟に群生するヨシの根元に絡まって破れたレジ袋です。河口部でもレジ袋は多くが破片化しており、実際の数を正確に把握することは困難です。

Img_5548

いったん環境中に流出したレジ袋を「数える」ことは困難

さらに日本の河口域や沿岸部の特徴として、特に大都市やその周辺では自然海岸が少なく、コンクリートの垂直護岸が多いため、ごみがそもそも溜まりにくい、ということもあり、実態の把握はより困難です。ここに挙げた例もほんの一例に過ぎず、わからないことはまだまだ多いのは事実です。

しかし、海に流れ出たレジ袋はかなりやっかいな問題を引き起こします。レジ袋自体は、比重が1より軽いので理論的には水に浮くはずです。しかし実際には、表面には微生物が繁殖し、その分重くなって海底に沈みやすくなります。

前回ご紹介しましたが、大阪湾の底引き網漁船に同乗して調査をしていても、網を揚げるたびにたくさんのレジ袋が引っ掛かります。

河口部や漁船に同乗した調査でも、レジ袋などのシート状のプラスチックが沈んで酸素の供給が遮断され、海や川の底がヘドロ化していることをよく見ます。沿岸漁業にとっては、間違いなく脅威の一つとなっています。

そして日本近海も含めてクジラやウミガメなどがレジ袋を誤飲、誤食して死亡した多くの事例が報告されています。また、レジ袋由来と思われるマイクロプラスチックは海鳥から小魚、さらにはプランクトンまで多くの生き物の体内からも見つかっています

海に流れ出たレジ袋は、海底に沈むか、あるいは破片化してマイクロプラスチックになってしまっているため、もはや見つけることが不可能、ということであり、決して少ないわけではありません。また、海や川でレジ袋を回収しようと思っても、土や砂を掘り返したり、木々の枝に絡まったものを一つずつより分けたり、と、大変な困難を伴うことが多いことは、清掃ボランティアに参加した経験をお持ちの方はご存じだと思います(ですので、重量や容積だけではなく、個数ベース=回収に必要な努力量で数えることも重要です)。

容積ベースではポリ袋は海洋プラごみのわずか0.3%なのに、現在象徴的に非難されています。原因のウエイトと対策のウエイトが乖離しています。

と、冒頭にご紹介した企業のサイトで述べられていますが、決してそんなことはない、ということは言えるでしょう。

 

その他の疑問についても、順番に考えてみたいと思います。では、また!

| | コメント (1)

なぜ、レジ袋規制が必要なのか?

本当に久しぶりのブログ投稿です。最後に投稿したは2015年12月、消すのももったいないので、放ったらかしにしていたブログですが、最近、プラごみ問題について、講演の依頼をいただいたり、取材をいただくことが多いので備忘録も兼ねて再開することとしました。

さて、再開後最初の投稿は、レジ袋規制について。今年7月1日より全国一斉にレジ袋の有料化が始まります。「やっと」という声もあれば「そんなの意味ない」という声まで、ネット上にも実社会でも賛否両論渦巻いていますが、改めて、なぜレジ袋規制が必要なのか、考えてみたいと思います(今日の投稿はfacebookに書いた記事を編集したものです)

Banner

 

なぜプラごみ全体の2%ほどしかないレジ袋なのか?という批判も確かにあります。

が、わずか2%しかないレジ袋をやめられなくて、なぜ一足飛びに残りの98%の削減に取り組めるのでしょう?レジ袋は、あってもなくても困らない使い捨てプラスチックの代表選手の一つです。どうしても必要なら、袋そのものを購入することは今でもこれからもできます。まあ、そもそもこれまでも「無料」で配られていたわけではなく、その費用は商品代金に上乗せされる形で、結局消費者が負担していただけですが。

2007年の京都市と東京都杉並区を皮切りに、すでに多くの自治体でスーパーを中心にレジ袋の有料化は実施されていて大きな混乱もなく、一定の成果を挙げていることも、国の取り組みを後押ししました。

 

レジ袋をポイ捨てする人が悪いのだから、モラルの問題だ!、使い捨てではなくごみ袋などに再利用している、という人もあります。

でも、持っていたレジ袋が風で飛ばされた経験は誰にでもあるのではないでしょうか?きちんと出したはずのごみが、ネコやカラスにつつかれて散乱している状況は珍しくありません。ポイ捨てばかりが原因ではありません。

Img_5825

レジ袋は、一旦環境中に流出してしまうと生物が誤飲・誤食する可能性が極めて高いものです。薄いレジ袋は紫外線で劣化してマイクロプラスチックになりやすい一方、日光の届かない土中や水中ではいつまでも漂っています。つまり、レジ袋は多くのプラスチックごみの中でも、生態系におよぼす影響という点でもきわめてリスクの高いモノです。たとえごみ袋として再利用したとしても、石油で出来たレジ袋を燃やしてしまえばCO2となり、温暖化の原因にもなります。

104759611_3606176512745259_6499228427792

上の写真は大阪湾の底引き網漁で網に引っかかったレジ袋です。

網を揚げる度、必ずレジ袋が引っ掛かります。大阪湾の海底には300万枚ものレジ袋が沈んでいると推計されています(琵琶湖・淀川流域対策に係る研究会 海ごみ発生源対策部会 報告書、関西広域連合(2019))。海や川の底に沈んだレジ袋は、酸素の行き来を遮断し、底質の悪化、つまりヘドロ化も引き起こします。

漁師さんは「昔はいくらでも魚もエビも獲れたのに、今はごみの中から獲物を見つけてるようなもの」と嘆かれています。

衝撃…レジ袋・プラごみ、大阪湾に「900万枚」沈んでいる

関西広域連合は、大阪湾のプラスチックごみを調査した結果、レジ袋約300万枚、ビニール片約610万枚が海底に沈んでいるとの推計を11日、大阪市でのシンポジウムで明らかにした。また同日、小売りや飲料メーカーなどの業界団体と連絡会議を発足。プラごみ削減に向けた具体策を検討する。(産経新聞 2019/6/12

200323_
提供)桂川河川レンジャー

上の写真は、2003年の台風23号による増水で木々に引っかかったレジ袋などのプラごみです。レジ袋の多くは雨が降ると町なかから川へと流れ出し、川から海へと下っていきますが、木々にレジ袋がたくさん引っ掛かり景観を大きく損ねます。観光地にとっては死活問題ですが、地域のみなさんのボランティア清掃に頼っているのが現状です。

生態系やヒトの健康への影響はまだまだ未解明な点も多いプラごみ問題ではありますが、漁業や観光など、地域にとって重要な産業にとってはすでに「現実の脅威」となっています。

 

レジ袋の原料のナフサは石油の精製過程で出てくる副産物を有効利用しているだけだ、という人もいまだにあります。

レジ袋の原料となるHDPE(高密度ポリエチレン)は、日本は今や輸入超。付加価値の低い汎用品の国内生産はどんどん減っています(下図)。たとえ副産物だとしても、わざわざ大量のエネルギーを使って海外から運ぶ(そして私たちが稼いだお金を流出させる)必要性もありません。世界がパリ協定を守るための脱石油社会の実現に向かう中で、漫然と石油由来のプラスチック製品を作り続けることは企業にとっても大きなリスクです。

Graph_hdpe_20042019
出所)財務省「貿易統計」各年度版より筆者作成

確かに今回の国の有料化は、不十分と言わざるを得ないものです。

だからと言って、「レジ袋の有料化はダメだ」というのではなく、ここからどう進んでいくのか、明確なロードマップを社会全体で示さないといけません。そしてどこの国でも、「その先」は地方が率先して取り組むことで道を切り開いています。


幸い、日本には優れた技術はあります。遅れているのは社会の仕組みづくりです。

今こそ、国にやってもらったらいい、お上に倣え、ではなく、地方からNew Normalの時代にふさわしい取り組みをどんどん広げていきたいですね。そんなことを思いながら、記者のみなさんとお話ししています。

| | コメント (0)

2015年11月21日 (土)

今年も嵐山でアンケート調査実施中

20151121_114301

今年も恒例のゼミでの嵐山アンケート調査を行なっています。今年からはテーマを変えて、「保津川の天然遡上鮎の復活に関するアンケート調査」。今、漁協や行政、NPOのみなさんと取り組んでいる保津川の天然遡上鮎の復活に役立てたられたら、ということで始めています。

続きを読む "今年も嵐山でアンケート調査実施中"

| | コメント (0)

2014年2月 3日 (月)

淀川・庭窪わんどの清掃作業に参加しました

Img_3460

またまた久々のブログアップ。超不定期化していますが、まあぼちぼちと続けていきます。さて、先日2月1日(日)、守口市の淀川にある庭窪わんどの清掃作業に学生とともに参加してきました。

続きを読む "淀川・庭窪わんどの清掃作業に参加しました"

| | コメント (0)

2013年3月 6日 (水)

アユモドキと、スタジアムと

Dsc_0826_2

私の住む亀岡市を流れる保津川(の支流)には、国の天然記念物である「アユモドキ」という魚が生息しています。かつてはこの辺りではごく普通に見られた魚でしたが、岡山平野を流れる吉井川や旭川、琵琶湖淀川水系にしかそもそも生息しておらず、現在は岡山市内と亀岡市内でしか繁殖が確認されていません。つまり、琵琶湖淀川水系では唯一の生息地。また、岡山では自然繁殖している場所がなくなり、市民のみなさんの必死の努力でなんとか休耕田を活用して繁殖ができるように守られていますが、それも危機的状況です。

環境省のレッドデータブックでは、アユモドキはながらく「絶滅危惧種IA類:」に分類されています。つまり「ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの」ということです。そのアユモドキが自然に繁殖している、地球上で最後の場所が亀岡の川なのです。

今、京都府が進める大型スポーツスタジアムの建設計画が持ち上がり、このアユモドキが生息する川のすぐそばが最終候補地となりました。地域振興と希少種保全、私なりに考えをまとめてみました。

続きを読む "アユモドキと、スタジアムと"

| | コメント (2)

2012年9月23日 (日)

お魚救出大作戦

Sdscf3712_2

気が付けば、ずいぶん久しぶりのブログ更新です。今日は、京都府亀岡市内を流れる小川「牧田川」で、河川改修にともなう魚たちの救出作業が行われました。今年の冬にも魚の引っ越しを行ないましたが、この秋からまた工事が始まる、ということで行われた救出作戦。

一連の経緯は、このブログでもご紹介してきましたので、ご覧ください。

私個人としては、いくら考えても納得のいかない工事ですが、現実にはなかなか難しい問題もたくさんある中で、河川管理者である市役所のみなさんも出来うる限りの対応をしてくださり、また、今日もたくさんの方がボランティアに駆け付けてくださいました。

続きを読む "お魚救出大作戦"

| | コメント (0)

2012年6月25日 (月)

淀川・庭窪わんどの清掃活動に参加しました!

Img_2839

昨日(24日)は淀川河川レンジャー主催の「庭窪ワンド周辺清掃活動」が開催され、ゼミ生とともに参加しました。

続きを読む "淀川・庭窪わんどの清掃活動に参加しました!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧