« なぜ、レジ袋規制が必要なのか? | トップページ | レジ袋有料化、高い?安い?その1 »

2020年6月28日 (日)

レジ袋は海ごみのごく一部、というのは真実か?

7月1日からの全国一斉のレジ袋有料化を前に、議論が盛り上がっています。今まであまりに「使い捨てプラスチック」を何も考えずに使ってきた(国民1人当たりの使い捨てプラスチック消費量はアメリカについで世界2位!)ことを見直すいい機会になった、という意味ではレジ袋有料化の目的の1つはすでに達せられたといってもいいかもしれませんね。

さて、友人からこんなWebサイトを教えてもらいました。

脱プラ、脱ポリ、紙袋へ切り替えをご検討のお客様へ(清水化学工業株式会社)

ポリ袋は実はエコ商材なんです。

  1. ポリエチレンは理論上、発生するのは二酸化炭素と水、そして熱。ダイオキシンなどの有害物質は発生しない。
  2. 石油精製時に(ポリ)エチレンは必然的にできるので、ポリエチレンを使用する方が資源の無駄がなく、エコ。
  3. ポリ袋は薄いので、資源使用量が少量で済む。
  4. ポリ袋は見かけほどゴミ問題にはならない。目に見えるごみの1%未満、自治体のごみのわずか0.4%。
  5. 繰り返し使用のエコバッグより、都度使用ポリ袋は衛生的。
  6. ポリ袋はリユース率が高い。例)レジ袋として使用した後ゴミ袋として利用
  7. 都内ではサーマルリサイクルし、ごみ焼却燃料になり無駄とならない。
  8. ポリ袋は紙袋の70%のエネルギーで製造可能。
  9. ポリ袋の輸送に必要なトラックの量は、紙袋の7分の1。
  10. ポリ袋の製造に必要な水の量は、紙袋の25分の1。
  11. ポリ袋は紙袋に比べ、ごみにしてもかさばらない。
  12. 紙袋は再生できるものと再生できないものがある。ラミネート加工されているものや紐の種類によっては再生処理できない。
  13. 紙袋は間伐材とはいえ森林資源を利用。

出所)清水化学工業株式会社ウェブサイトより(2020/6/28参照)

 

海や川のごみ問題に取り組んできた立場からすると、頭がクラクラしそうなことが並んでいますが、レジ袋規制にたいするこうした批判や誤解は広くみられるものです。

 

本当にプラスチック製レジ袋は「エコ」なのか?

こうした主張の中で見落とされている大事な視点の一つが、「散乱ごみ」に対する視点です。こうした視点はペットボトルなどほかの使い捨てプラスチックに関する議論でも、長年見落とされてきたことでした。

レジ袋は、とても薄くて軽いものです。前回の記事でも述べましたが、手に持っていたレジ袋が風で飛ばされてしまった、という経験は誰しも一度や二度はあるのではないでしょうか?きちんとごみ箱に捨てられたり、ごみの集積場所に出されたはずのごみがネコやカラスによって散乱してしまっている光景もまだまだ見かけます。レジ袋をはじめ、プラスチック製フィルムは、簡単に飛散し、最後は海へと流れていきます。

では、海ごみの中で、レジ袋はいったいどれくらいを占めているのでしょう?レジ袋規制を批判する人がよく示す資料の一つに、下の表があります。

漂着ごみ(プラスチック類のみ)の種類別割合

分類 重量 容積 個数
飲料用ボトル 7.3% 12.7% 38.5%
その他プラボトル類 5.3% 6.5% 9.6%
容器類(調味料容器、トレイ、カップ等) 0.5% 0.5% 7.4%
ポリ袋 0.4% 0.3% 0.6%
カトラリー(ストロー、フォーク、スプーン、ナイフ、マドラー) 0.5% 0.5% 2.7%
漁網、ロープ 41.8% 26.2% 10.4%
ブイ 10.7% 8.9% 11.9%
発泡スチロールブイ 4.1% 14.9% 3.2%
その他漁具 2.7% 2.6% 12.3%
その他プラスチック(ライター、注射器、発泡スチロール片等) 26.7% 26.9% 3.3%
  100% 100% 100%


出所)中央環境審議会循環型社会部会プラスチック資源循環戦略小委員会(第3回)資料 p.78
https://www.env.go.jp/council/03recycle/y0312-03/y031203-s1r.pdf (2020/6/28参照)

たとえば、先のポリ袋メーカーのサイトでも

容積ベースではポリ袋は海洋プラごみのわずか0.3%なのに、現在象徴的に非難されています。原因のウエイトと対策のウエイトが乖離しています。

と書かれています。

確かに漁具の占めるウェイトが圧倒的に多く、その対策が不十分なことは言うまでもありません(そして海ごみ問題に携わってきたNGOや研究者、行政関係者は長年その対策も要望しています)。

Img_6282

写真は長崎県対馬市のある海岸の様子です。地元のみなさんのご尽力で以前より大きくごみは減りましたが、それでも大量のごみが漂着し続けています。対馬は海流の影響もあり、特に韓国からのごみが多いことが特徴です。

Img_6235

処分場に集められた発泡スチロール製ブイ。この黒い袋の中はすべて海岸に流れ着いた漁業用発泡スチロール製ブイです。以前は本土まで船で運ぶしかなく、処理に多額の費用がかかっていました。

漁具の対策が待ったなし、ということは誰も否定していません。

ですが、この表を読むときには、少し注意が必要です。

まず、この数値について資料には、

※1 調査対象は、海峡を中心に、黒潮、対馬海流、親潮の影響を受ける場所という観点で、過去の調査との連続性も考慮して、平成22~27年度の間に調査した5地点に平成28年度に新たに選定した5地点を追加した計10地点。(全国の状況を表すものではないことに留意。)

と書かれています。この10地点は、海外もふくむ大量のごみが漂着する場所として、地元からも早くから対策の要望が出ていたところです。東京湾や大阪湾などの人口密集地帯からのごみの流出はこの調査結果からは残念ながら把握することができません。ですので、資料でも「全国の状況を表すものではないことに留意。」と明記されています。

そしてまた、こんなことも書かれています。

※3  発泡スチロール片等、回収中に破損等により個数が変化してしまう人工物の破片は、個数の計測はしていない。

海岸清掃に参加された方はわかると思いますが、海岸に流れ着いたごみでもっとも多いのはすでに原形を留めていない「破片」です。各地の海岸には、まるで砂のように粉々になったプラスチックが堆積しています。しかし、あまりに細かすぎて、また大量にあるため、こうしたごみを回収し、数をすべて数えることは不可能です。この破片の中には、レジ袋も多く含まれています(地域差はかなりあります)。

 

破片化するレジ袋

では、日本でもっとも多くの支川をもつ淀川水系のごみのようすはどうなっているのでしょう?上流から順番に、破片ごみも含めて見ていきましょう。

まず、淀川の上流、海から約70km遡った、京都府亀岡市の保津川古浜の調査結果です。

Hozugawa_01
調査日 2018年11月11日 出所)川と海つながり共創プロジェクト(2018)をもとに筆者作成

亀岡盆地をゆったり流れている間は、レジ袋も原形を留めていて、「ポリ袋・シートの破片」に次いで多く見つかります。ちなみに「ポリ袋・シートの破片」も多くはレジ袋の破片です。

曲がりくねった急流が続く保津峡の中に入るとどんな風になるのでしょう?

Hozugawa_02
調査日 2018年12月16日 出所)筆者作成

先ほどの場所からわずか数キロ下っただけですが、保津峡の中では、レジ袋はそんなに見つかりません。大雨の際には、保津峡は大きく増水しますが、急流で揉まれて、木々に引っかかって、どんどん破れて細かくなるので原形を留めたレジ袋は大きく減ります。

Img_2622

過去に私もこんな記事を書いていたのですね。

西友、レジ袋を全店舗で有料化へ(2012年6月 8日 (金))

わずか数キロ下った保津峡の中でも、レジ袋はもはや原形を留めていないことを紹介しています。

最後に、淀川が海にそそぐ河口ではどうなのでしょう?河口の海老江干潟の同じころの調査結果を紹介します。

Yodo_ebie
調査日2018年12月10日 出所)筆者作成

ここでは圧倒的にペットボトルが多くなっています。下の写真は、海老江干潟に群生するヨシの根元に絡まって破れたレジ袋です。河口部でもレジ袋は多くが破片化しており、実際の数を正確に把握することは困難です。

Img_5548

いったん環境中に流出したレジ袋を「数える」ことは困難

さらに日本の河口域や沿岸部の特徴として、特に大都市やその周辺では自然海岸が少なく、コンクリートの垂直護岸が多いため、ごみがそもそも溜まりにくい、ということもあり、実態の把握はより困難です。ここに挙げた例もほんの一例に過ぎず、わからないことはまだまだ多いのは事実です。

しかし、海に流れ出たレジ袋はかなりやっかいな問題を引き起こします。レジ袋自体は、比重が1より軽いので理論的には水に浮くはずです。しかし実際には、表面には微生物が繁殖し、その分重くなって海底に沈みやすくなります。

前回ご紹介しましたが、大阪湾の底引き網漁船に同乗して調査をしていても、網を揚げるたびにたくさんのレジ袋が引っ掛かります。

河口部や漁船に同乗した調査でも、レジ袋などのシート状のプラスチックが沈んで酸素の供給が遮断され、海や川の底がヘドロ化していることをよく見ます。沿岸漁業にとっては、間違いなく脅威の一つとなっています。

そして日本近海も含めてクジラやウミガメなどがレジ袋を誤飲、誤食して死亡した多くの事例が報告されています。また、レジ袋由来と思われるマイクロプラスチックは海鳥から小魚、さらにはプランクトンまで多くの生き物の体内からも見つかっています

海に流れ出たレジ袋は、海底に沈むか、あるいは破片化してマイクロプラスチックになってしまっているため、もはや見つけることが不可能、ということであり、決して少ないわけではありません。また、海や川でレジ袋を回収しようと思っても、土や砂を掘り返したり、木々の枝に絡まったものを一つずつより分けたり、と、大変な困難を伴うことが多いことは、清掃ボランティアに参加した経験をお持ちの方はご存じだと思います(ですので、重量や容積だけではなく、個数ベース=回収に必要な努力量で数えることも重要です)。

容積ベースではポリ袋は海洋プラごみのわずか0.3%なのに、現在象徴的に非難されています。原因のウエイトと対策のウエイトが乖離しています。

と、冒頭にご紹介した企業のサイトで述べられていますが、決してそんなことはない、ということは言えるでしょう。

 

その他の疑問についても、順番に考えてみたいと思います。では、また!

|

« なぜ、レジ袋規制が必要なのか? | トップページ | レジ袋有料化、高い?安い?その1 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

川の話」カテゴリの記事

プラごみ」カテゴリの記事

コメント

とても良い意見だと思います!
facebookでシェアさせていただきました、移号でしたらお知らせください。

投稿: nakamura keiko | 2020年6月29日 (月) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぜ、レジ袋規制が必要なのか? | トップページ | レジ袋有料化、高い?安い?その1 »