田んぼと畑の話

2012年5月15日 (火)

今日は沖縄本土復帰40周年の日です

Img_5141

あと数分になりましたが、今日は沖縄の本土復帰40周年の日でしたね。太平洋戦争が終わってからは、もう65年。今の学生さんからしてみたら、もうずいぶん昔の、「歴史」上の出来事なのかもしれません。

続きを読む "今日は沖縄本土復帰40周年の日です"

| | コメント (0)

2011年6月23日 (木)

アオサギ

アオサギ

隣の田んぼには夕方になると毎日、アオサギが餌をとりにやって来ます。解るかな~?

田んぼを渡ってくる風が気持ち良い、クーラーなんて必要なし。

開発もほどほどにしとけば、節電なんて気にしなくてもいいのに。

| | コメント (2)

2011年6月 9日 (木)

水鏡

201106090830000_2

水の張られた田んぼの向こうに牛松山。手前のお寺は柏原のおしゃかさん”念仏寺。梅雨も中休み?今朝は曇り空です。

| | コメント (4)

2011年1月29日 (土)

氷見鰤と丹波猪

氷見ぶりと丹波猪

今宵のご馳走。しかも頂き物。日本の海と山の恵みを頂ける幸せに感謝。

ちなみに我が家の畑はこの冬の大雪で山の食糧事情も厳しいのか、鹿によってほぼ全滅(涙)。遠い国から、途方もないエネルギーを費やしてやってくるお肉じゃなくて、もっと近くの山の恵みを恵みとしてちゃんといただかないと、そのうちホントに日本の農はダメになっちゃうんじゃないかと心配です。

| | コメント (0)

2010年12月23日 (木)

かぶらの旅立ち

かぶらの旅立ち

交差点で信号待ちをしていたら、かぶらを満載したトラックがいました。聖護院かぶも、今では亀岡が一番の産地。

ちなみに我が家では昨夜は、近所で買ったかぶらとさつま揚げを炊いたんを夕食にいただきました。

| | コメント (0)

2010年12月19日 (日)

今夜は鹿カツ!(そしてちょっとマジメなお話)

201012192004000

今夜の夕食は、鹿カツ!いや~、実に美味しかった!

続きを読む "今夜は鹿カツ!(そしてちょっとマジメなお話)"

| | コメント (0)

2010年12月 8日 (水)

篠大根

201012081044000

明日、12月9日と10日は「鳴滝の大根炊き」として知られる、京都・了徳寺の大根炊きが行われます。大根炊き、といえば、千本釈迦堂も有名ですが、こちらの了徳寺の大根炊きでは、私の住んでいる亀岡市篠町の「篠大根」が使われます。

続きを読む "篠大根"

| | コメント (0)

2010年11月15日 (月)

玉葱1年分

玉葱1年分

先日、玉葱を植えました、400本。祖母には「100本もあったら十分やろ」と笑われながら。ま、あまり世話をするわけでもないので小玉ばかりやろうし、農薬も使わないので、虫にも食われるやろうし、ま、大丈夫かな、と。

ちなみ売ってるような「立派な」玉葱にするためには、肥料を大量に使うのです。

淡路島が酪農と玉葱が名物なのも、大量に発生する牛糞を有効に使うためでもあるんですよ。ま、いろいろ環境問題が起こってるそうですが。

| | コメント (2)

2010年11月 8日 (月)

霧の朝

霧の朝

今朝も霧に包まれた亀岡。峠をひとつ越えた京都は快晴ですが、盆地の真ん中を保津川が流れている亀岡は、放射冷却現象で深い霧が発生します。

京都の冬の名物、千枚漬けの漬けこみが始まったとニュースで報じられていましたが、その原料の聖護院かぶも実はほとんどが亀岡産。昼夜の寒暖の差、そしてこの霧が美味しい野菜を育んでいるのです。

| | コメント (0)

2010年11月 7日 (日)

丹波黒大豆

丹波黒大豆

丹波の黒豆、お正月のおせち料理には欠かせない、お馴染みのアレです。日吉町の祖母宅でも作っていますが、今、黒豆は畑で葉が黄色くなるころ。

そうなると、まず一本一本、丁寧に手で葉を落としてやります(写真の向こうで、地面にかがんで作業しているのが祖母)

こうしてしばらく置いておき、その後は稲木にかけてまた乾燥、そしてさらにムシロの上で乾燥、と、1ヶ月くらいかけてゆっくり乾燥させると、煮てもしわになったり破れない、立派な黒豆になります。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧