« カナガシラ | トップページ | 雪! »

2011年3月 2日 (水)

雛祭りと笹がれい

201103021316001

今日も魚ネタです。今日は一日早い、子供の初節句のお祝いをみんなでしました。

京都では、初節句にカレイを飾ります。そういえば福井のほうにも天神講で同じような風習があると以前に聞きましたが、若狭からの鯖街道で海とつながっていたことを感じさせる風習ですね。

そんなわけで、叔父が笹がれいをお祝いに送ってくれました。カレイの中でも超がつく高級魚、ありがたいものです(ちなみに標準和名はヤナギムシガレイ、柳の葉に似た形のムシガレイということだそうです)。私の祖母、子供から見てひいおばあちゃんはお餅をついてくれました。

たくさんの人にお祝いしてもらった初節句、うれしい一日でした。

|

« カナガシラ | トップページ | 雪! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初節句おめでと~!

笹カレイってそんな超高級魚なん?
七条の商店街には箱ごと無造作に置いてあるのをよく見るので、全然そんな気が・・・(笑)

福井の天神講は「道真さん(の掛け軸)にカレイをお供えして食べる」って感じで1/25なんだよ。
で、その掛け軸は、一家の長男が生まれたときに用意されるもの。
京都では完全に女の子のお祝いとして用いる笹カレイなんだけど、福井はどっちかっていうと男の子な感じですな。

投稿: みきちゃん | 2011年3月 4日 (金) 11時46分

>みきちゃん
笹ガレイ、小さいのや卵を持ってないの、若狭~山陰以外のものは激安、両極端。

天神講は男の子だけなんだ。地域ごとの風習って面白いもんですなぁ。

投稿: harada | 2011年3月 4日 (金) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カナガシラ | トップページ | 雪! »