« 雪の大晦日 | トップページ | 返ってきた年賀状に思う »

2011年1月 2日 (日)

雪のお正月

Dscn5336

元旦の朝は、真っ白な雪と真っ青な空、1年の初めにふさわしい綺麗な景色でした。

201101010850000

気温はマイナス2.5度、寒いことは寒いですが、雪があるからか、いつもの底冷えとは違う、キリリとした気持ちの良い寒さです。

Dscn5341

きっと綺麗な景色だろう、と写真を撮りに近くの保津小橋へ車でお出かけ。新しいスタッドレスタイヤの雪上走り初め、なんてのもありますが(笑)

写真を撮るちょっと前までは青空が本当にきれいに広がっていたのですが、ちょっと雲が出てしまいましたが、静かな、綺麗な景色でした。

Dscn5338

洪水にそなえた沈下橋。欄干がなくても大事な生活道路、もう何台も車が走った跡がありました。

Dscn5335

いつもは湿った重い雪が多いのですが、昨日の雪はふわっとした、軽~い雪でした。歩いてみるとキュッキュッと、気持ちのいい音。でもこのころ、同じ国道9号線や山陰本線が走る鳥取では大変なことになっていたんですね。。。

Dscn5343

綺麗な青空が残っているうちに車も記念撮影です(笑)

201101011252003

近所の神社に初詣に出かけたあとは、昼から京都市内のお寺さんにお年賀のご挨拶と、お墓参り。老いの坂峠の雪も、路面は薄くシャーベット状に残る程度。

さて、ゴルフに装着したBS ブリザックREVO GZですが、いやいや、驚きました。206swに装着していたREVO2と比べても段違いの進化を感じ取れました。なかなかロックしないブレーキ、動き始めにもしっかりと雪面を捉えてくれ、シャーベット状の雪でも、しっかりハンドル操作に反応してくれます。今までにいろいろなスタッドレスを試してきましたが、“モデルチェンジ”をはっきりと感じられたのは初めて、といってもいいかもしれません。

Dscn5356

さてさて、帰宅後、楽しみの夕食は知り合いの猟師さんにお願いしてた丹波の猪肉でボタン鍋!なんと1kgで5500円と、地元ならではのお値打ち価格!安物にありがちな臭みもまったくなく、美味しくいただきました。

Dscn5358

こちらは祖母の畑でとれた黒豆。京都のお正月には欠かせませんね。

環境問題をなりわいとしているわが家の食卓のポリシーは、低フードマイレージ!でもそれは決してやせ我慢ではなく、地元ならではの食材を、安く美味しくいただきたい、ということでもあります。

食卓から地球と体にいいことを、どこかの会社のキャッチコピーにでもなりそうなフレーズですが、今年も出来ることから地球のこと、故郷のことを考える1年にしたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いします。

|

« 雪の大晦日 | トップページ | 返ってきた年賀状に思う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。

見たことが無い保津川の光景、さださんのBlogならではですね!
こんな時の川下りも、寒いけどそれはそれで堪能できそうな気がします。
ぼたん鍋は経験が無いので、羨ましい…(笑)

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: Takeuchi | 2011年1月 2日 (日) 22時56分

うちからクルマで20分でも山を越えると景色は違いますねぇ。
かつてはこれぐらい降るのは普通だったのかもしれませんが、温暖化の進む昨今では珍しくなりつつあるのかも。
一部地域では大雪だし、極端ですね。

投稿: ごしゅりん | 2011年1月 3日 (月) 11時22分

> Takeuchi
あけましておめでとうございます!
冬の保津川下り、みなさん寒~いイメージをお持ちですが、実はテントで囲まれたお座敷暖房船というのがあって、ポカポカなんですよ!

しかも、舟底に毛氈が敷かれていて、そこに座るのですが、これがまたイイ!(夏は椅子の上)

夏目漱石が虞美人草で「傾むいて矢のごとく下る船は、どどどと刻み足に、船底に据えた尻に響く。」と表現した川下りを味わけるのも、実は冬ならでは!ぜひ一度、お越しください!

投稿: harada | 2011年1月 5日 (水) 20時57分

> ごしゅりんさん
あけましておめでとうございます。
昔は愛宕山にスキー場があったんですものねえ。今でも亀岡からははっきりその跡が見えますが。

そういえば長岡京のスケート場もいつ無くなったんでしょう?

投稿: harada | 2011年1月 5日 (水) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の大晦日 | トップページ | 返ってきた年賀状に思う »