« 今回の相棒 | トップページ | 秋晴れ »

2010年10月 6日 (水)

ゴルフVI トレンドラインの燃費 その1

燃費

秋になって涼しくなり、エアコンの負荷が減ったからでしょうか?わが愛車、ゴルフTSIトレンドラインの燃費も良くなってきました。

一般道、峠道、高速、渋滞の市街地がほどよくバランスされた(笑)私の通勤ルートでご覧の燃費。カタログ値(17.0km/L)を超えるようになりました。前車のプジョー206も、カタログ燃費よりもいい値でしたが、実燃費のほうがいい、というのは、欧州小型車の美点かもしれませんね。ちなみに前日の記事に登場するスイフトは、借りていた間の平均は16.4km/Lでした。

走り方も、流れに乗って普通に走ってます。(あ、今日はちょっと急いでいたので、ほとんど追い越し車線を、流れに乗って、、、笑。エコランに徹していたら、19km/Lくらいになります)

欧州車は、VWに限らず軒並み排気量ダウンの中、日本車は未だ排気量アップなんて車まであり、エンジン開発にまでお金が回っていないのかもしれません。あのメルセデスですら、新しく開発した2.2Lの4気筒エンジンを、最高級のSクラスに投入しました。軒並み国産車が海外市場で苦戦していますが、実は結構、挽回が難しいのではないのかな、と思います。

|

« 今回の相棒 | トップページ | 秋晴れ »

クルマノハナシ」カテゴリの記事

コメント

207SWGTiの場合、カタログに10・15モードが記載されていないので何とも言えないのですが、、、HBのGTiが13.8㎞/lと書いてあったような。
それの9割ぐらいを比較対象にしていますが、関行き以外は通勤のみなので、大体10~12㎞/lな数字を表しています。
関の往復は、14~15㎞/lだったのが驚きです。

日本車の、特に上のセグメント・モデルは、多分北米の方しか目が向いていないのかも知れません。
彼の国のように、総排気量UPで一丁上がりという考えをもう改めないとねぇ~。
新型エンジンをPRしている印象が強いのは、欧州で強いマツダなのがその象徴なのかも(笑)

投稿: Takeuchi | 2010年10月 7日 (木) 20時00分

> Takeuchiさん
排気量や気筒数でヒエラルキーが決まる時代は終わったのかもしれませんね。日本車がハイブリッドなどでそのヒエラルキー破壊に最初に名乗りを挙げたのに、いまやすっかり出遅れた、新興国で国産メーカーが以前ほどの勢いが無いのと構図は似ているかもしれませんね。

投稿: harada | 2010年10月 7日 (木) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今回の相棒 | トップページ | 秋晴れ »