« 鱧祭り | トップページ | 夏が来た! »

2010年7月18日 (日)

そんなお粗末な・・・おけいはん

Okeihan

山鉾巡行も無事に終わり、梅雨明けの京都です。そんな中、ちょっとばかり困った祗園祭ネタのニュースをひとつ・・・。

おしゃれ?非常識?祇園祭おけいはんポスターに「逆さ帯」

京阪電鉄の祇園祭キャンペーン用のポスターやチラシに登場する女性イメージキャラクター「おけいはん」の帯が上下逆向きに巻きつけられていたことが分かった。同社は「おしゃれの一環」と主張するが、京の伝統文化を受け継ぐ関係者らからは疑問の声も上がる。はたしておしゃれなのか、それとも…。

ポスターは大小計5800枚、チラシは4万枚作られ、6月末から今月16日まで電車内や駅などで掲示された。

女性モデルの帯の文様は扇状の波を交互に重ねた「青海波(せいかいは)」といわれる日本の伝統的な吉祥柄。赤地に金色の青海波があしらわれ、通常とは上下逆向きに巻きつけられていた。

京阪電鉄広報担当によると、同社の祇園祭の広告物用の着付けを10年以上担当する40代の女性スタイリストが調整。「帯の文様を崩す流行に乗った。おけいはんの年齢設定は10代で、元気の良さをアピールしたかった」と、意図的に上下逆さとしたと強調する。

ところが、京の伝統文化関係者などから「伝統を重んじる祇園祭の広告にはそぐわない」(40代女性)、「あり得ないミス」(60代男性)といった声が噴出。「若い人ならどちらでもいいのでは」(80代女性)との意見もあるが、西陣織工業組合の渡辺隆夫理事長は「お粗末の一言」とばっさり。「ベーシックな柄であり、ましてや吉祥柄を逆さにして新デザインというのはいかがなものか。デザインとは文化。もっとよく勉強してほしい」と苦言を呈した。

京阪電鉄は「スタイリストが浴衣メーカーに『逆にしても間違いではない』と確認を取っていた」と話している。

(7月17日 産経新聞)

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/style/416959/

いつもの産経らしいネタといえばネタですが、今回は記事に賛同。お洒落か何か知りませんが、崩していいものと悪いものがあるでしょうに。たとえばタキシードを表裏反対に着たり、ネクタイを前後ろ逆に締めて、それをお洒落といえるでしょうか。

自分(=京阪)のところの京阪モールのバーゲンか何かのポスターで勝手にやるならいざしらず、「祗園祭」という、いわば他人のふんどしで相撲をとるんなら、守るべきものがあるんじゃないの?と思います。しかも、ポスターにはデカデカと「放下鉾」って、鉾の名前まで入れてるし。

私もお祭で囃子方をしていますが、たとえば浴衣の帯を逆に締めてたら、笑われるというか、怒られるというか、とりあえずそれをお洒落とはだれも言ってくれないと思いますよ。

京阪って、駅名を祇園四条とか、清水五条とか、“いかにも”な名前に変えてみたり、最近、売れんかな路線でどうだかなぁ・・・。初代おけいはんの頃のCMは、純粋に笑えて好きでしたが・・・。

・・・とりあえず、素直に「知りませんでした、ごめんなさい」って謝ればいいものを。

|

« 鱧祭り | トップページ | 夏が来た! »

京都」カテゴリの記事

コメント

私もこの記事を見たときは驚きました。
「おしゃれ??いやいや、言い訳でしょう。」と。
日本を代表する京都、その伝統である「祇園祭」のPRに
斬新や流行を追求するのは本末転倒ではないかと…

投稿: morita | 2010年7月17日 (土) 20時01分

> moritaさん
流行や斬新さを、たとえば山や鉾の懸装品に表したり、提灯をLEDに変えてみたり、そういうことに取り入れることはお洒落なことやと思います。

なんか、ミスユニバースでしたっけ、物議を醸した仏人デザイナーの着物を思い出しました。しかも今回は日本人のデザイナー、なんだかなぁ。。。

投稿: さだ | 2010年7月17日 (土) 23時12分

京阪の広報or広告担当者が故意にやったこととしたら、
今回のポスター企画は大成功ですね!
皆さんの賛否で宣伝効果は何倍にもなったと思います。

専門家からの厳しい意見はありますが、
それに対して着付けのプロがきちんと
見解を出しているわけですし、

冬季オリンピックの腰パンは、
規則だったかも知れませんが、
京阪のポスターに服装の規則はない
と思いますので・・・

京阪さんだったらありえるかも

投稿: こうほうひろの | 2010年7月18日 (日) 05時40分

> こうほうひろのさん
着つけのプロ、ってのもいろいろいてはりますから、どの方なんだ?というツッコミもしたくなりますが(笑)冬季オリンピックの腰パン、もはや懐かしいですね。

>>京阪さんだったらありえるかも
私もそう思いました。ありえるなあ、と。でもま、それやったら天神祭でやってくれ、と思いますが。

新聞記事の中の、80代のおばあちゃんの「「若い人ならどちらでもいいのでは」という、ビミョーにいけずなコメントが素敵です (^^ゞ

投稿: さだ | 2010年7月18日 (日) 14時29分

私なんぞ帯の逆さ事体に気がつきませんでした。
どこがおかしいのかすら分からない重症です。
昔学生時代、黒の詰襟の学生服を逆さに着て「ラーメン」とかギャグを飛ばしていましたがこの程度の崩しならアリですか?
私の行動指針は「それは面白いか面白くないか」です。
座右の銘は「感謝されない投資はしない」「根拠はないけど大丈夫」です。

投稿: バカボン | 2010年7月18日 (日) 22時45分

> バカボンさん
いやあ、面白ければいいんですけどね。西陣織の組合の方の「ベーシックな柄であり、ましてや吉祥柄を逆さにして新デザインというのはいかがなものか。デザインとは文化。もっとよく勉強してほしい」というコメントが、一番的を得てるんじゃないかなあ、と。
吉祥柄を逆さ=不吉??なんてことも言えるんでしょうかね。

投稿: さだ | 2010年7月19日 (月) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鱧祭り | トップページ | 夏が来た! »