« ひかりは西へ | トップページ | 京都駅のクリスマス・ツリー »

2007年11月 3日 (土)

帰りは最新鋭

Image543_2

業務を終え、ガイドブックで見つけた博多駅前の龍龍軒というお店で、昼食にラーメンをいただいて、デビューしたてのN700系のぞみで帰阪。

Image545_3

改築中のJR博多駅。完成後はどんな姿になるのでしょう?京都駅や名古屋駅のように大変身するのでしょうか。

Image546_3

さて、本日の主役(笑)の入線です。デビューしてまだ間もないN700系。驚くほど静かで、かつ車高が低い!写真で見るより、実車はなかなかカッコいいじゃないですか。しかし、元祖新幹線の0系から最新のN700系まで、東海道・山陽新幹線の全系列が見られる山陽新幹線って、楽しいですね。

Image547_3

うわさには聞いていましたが、静か!速い!まあ、シートはレールスターには遠く及びませんが、車内放送のアナウンスが非常にクリアに聞こえるのにはビックリ。それと、現在ののぞみの主力である700系のJR東海車は個人的には室内の照明が明るすぎて好きではないのですが、こちらはちょっと落ち着いていい感じ。駅を発車しての加速も今までの新幹線とは違います。 一方残念なのが、窓の小ささ。車体の小型化・軽量化の影響で、強度を保つために仕方なかったそうですが、富士山はじめ車窓をゆったり眺められたかつての0系や100系を思うと、残念ですね。あと、窓の破損防止にフィルムがコーティングしてあるそうですが、これがイマイチきれいじゃないんですね。悪い意味で飛行機のよう。

日進月歩の新幹線の技術、でも旅の楽しみも忘れないでほしいな、と思いました。

|

« ひかりは西へ | トップページ | 京都駅のクリスマス・ツリー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148419/16960556

この記事へのトラックバック一覧です: 帰りは最新鋭:

« ひかりは西へ | トップページ | 京都駅のクリスマス・ツリー »