« 同志社大学で研究会 | トップページ | 亀岡祭山鉾巡行 »

2007年10月24日 (水)

亀岡祭宵山

Dscn2142

今夜は宵山、全部の鉾を見て回りましょう。昨日ご紹介した翁山の隣は羽衣山。見送りなどの懸装品は他の鉾と異なり、絹で出来ていて、その光沢がまた華やかです。

Dscn2143

小学生の写生作品が展示されていたり。こういうほのぼのした雰囲気もまた楽しいものです。

Dscn2148

難波山。鉾を回りながらお神酒をすこしずつ頂いて、いい気分。

Dscn2149

浦島山の浦島太郎さん。

Dscn2150

この鉾の飾りは李氏朝鮮の高級官僚が来ていた服の生地を裁断することなくそのまま使った貴重なもの。

Dscn2156

蛭子山の見送りも、異国情緒たっぷり。ペルシャからの渡来品でしょうか。江戸時代の町衆の「粋」が感じられます。

Dscn2158

高砂山。古い町家を背に立つ鉾の姿は、なかなか風情があります。

Dscn2162

ご神体の翁と姥。

Dscn2167

京都の祇園祭と同じように、屏風祭り。

Dscn2170

こちらの見送りも、異国情緒たっぷり。京都の祇園祭についで亀岡祭の懸装品は豪華なんですよ。

Dscn2179

三輪山。ひときわ豪華な提灯飾り。

Dscn2177

ここは他の鉾が巡行を取りやめていた時期も、ただ一つ巡行を続けていた鉾でもあります。お囃子は飛びぬけて上手!

Dscn2184

お旅所に鎮座する御神輿。今年、修復されたばかりの鮮やかな姿です。

Dscn2192

そして最後に鍬山。明日は曳き手として参加します。

11基全部を紹介することはできませんでしたが、見事なものでしょう? 

|

« 同志社大学で研究会 | トップページ | 亀岡祭山鉾巡行 »

京都」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ご紹介いただいてほかったです、亀岡祭♪
宵山へは夫婦で出かけました♪
祇園祭より規模が小さいものの、こちらの方がゆっくりと見られ、また温かい亀岡の皆様の雰囲気がよくて、楽しかったですね。
残念ながら鉾引きの日は予定があって、行かれませんでした・・・。

結構2周以上ウロウロしたのでニアミスしているかもしれませんね。

投稿: おかみちょん | 2007年11月 7日 (水) 14時34分

>おかみちょんさん
鉾は小さいものの、なかなかどうして立派な懸装品でしょう?ぜんざいなんかの振る舞い、召し上がられましたか?来年はぜひ巡行にもお越しください。レポ、楽しみにしています!

投稿: harada | 2007年11月 7日 (水) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148419/16883854

この記事へのトラックバック一覧です: 亀岡祭宵山:

« 同志社大学で研究会 | トップページ | 亀岡祭山鉾巡行 »