« 亀岡祭 ~鍬山鉾のお囃子 | トップページ | 島根・江津へ »

2007年10月15日 (月)

田原のかっこすり

Dscn1914

昨日(10/14)は南丹市日吉町田原にある多治神社の秋のお祭、「カッコスリ」。お神輿が来る前に、お祭といえばやはり鯖寿司!

Dscn1916

車が止められて、行列がやってきます。

Dscn1917

まずは天狗さんから!

Dscn1918

続いて裃の男性たちの後ろから花傘と鉾、そして御神輿がやってきます。

Dscn1922

若い人が減ったので、担がれるおみこしも小さくなりました。

Dscn1926

でも本神輿は実は丹波で一番大きな御神輿、しかも2基もあります。今はトラックで運ばれるんですが (T_T)

Dscn1930

お旅所に到着、いまから古式ゆかしい「かっこすり」が奉納されます。

Dscn1935

かっこすり、とは、稚児4人の周りを、4人のかっこすりがかっこ(羯鼓)を持ち、足をすりながらお囃子と歌に合わせて踊る、伝統芸能。1200年も続いているお祭です。

春の御田(おんだ)と、秋のかっこすり、どちらもなかなか風流なお祭ですよ。

|

« 亀岡祭 ~鍬山鉾のお囃子 | トップページ | 島根・江津へ »

京都」カテゴリの記事

コメント

暇に任せて久しぶりに禎夫さんのブログを見ました。今年は残念ながら祭りにいけなかったのに思わぬ所で遭遇発見!本当に若い人が少なくなって寂しげですが それでも祭りによって続く地域の助け合い1200年も脈々と続いている行事に(多治神社の祭りの云われはしりませんがね。)畏敬の念を抱きます

投稿: 由美子さん | 2007年10月31日 (水) 10時17分

お~、誰かと思えば(笑)
お祭りって神さんのことだから、簡略化してもいいところとそうでないところがやっぱりあると思います。お祭り、ひいては地域がしっかり自立できるかどうかは、その見極めがしっかり出来るかどうか、だと思う今日この頃です。

投稿: harada | 2007年10月31日 (水) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148419/16772676

この記事へのトラックバック一覧です: 田原のかっこすり:

« 亀岡祭 ~鍬山鉾のお囃子 | トップページ | 島根・江津へ »