« 光秀祭 その2 | トップページ | Honda US Accord Wagon 2.2iR »

2007年5月 5日 (土)

蘇洞門めぐりと三方五湖

Dscn5312

昨日は家族で若狭方面にドライブ。日吉町~美山町~名田庄村~小浜~熊川宿~大原と、かつての鯖街道ぐるっと一周ドライブとなりました。まずは小浜を目指し、蘇洞門めぐりの遊覧船に。

Dscn5322

GWまっただなか、ということもあり、蘇洞門めぐりの遊覧船も満員です。運よく、待たされること無く臨時便に乗ることができました。船は出港すると、結構なスピードで小浜湾を出て、蘇洞門をめざします。空もきれいに晴れて、海を渡る風が気持ちいい!

Dscn5325

さて、蘇洞門とは、小浜湾の外面(=そとも)に広がる、花崗岩が作る断崖で,花崗岩中に発達する節理に沿って侵食が進み,蘇洞門の大門・小門として知られる大岩,七蛇鼻のような奇岩,白糸の滝のような断崖から流れ落ちる滝など、美しい景観を楽しむことができる、自然の芸術とでもいうべき海岸の風景です。

Dscn5331 

なんでも、中生代(白亜紀)末期から新生代(古第三紀)初期に火山活動によって溶岩が岩盤中に流れ込み、それが長い年月の間、風雨や波による侵食で、今のような景観を形作っているとか。

Dscn5335

これは夫婦亀岩。親子亀だったかな?横から見ると、本当に亀のようです。

Dscn5336

これは白糸の滝。どんなに日照が続いても、この滝は枯れることが無かったそうです。

Dscn5338

そして最大の目玉?、大門小門です。手前の釣り人と、大きさを比べてみてください。

Dscn5347

船は海側をぐるっと旋回して、大門小門裏の陸地に到着します。10分ほど、下船して辺りを散策できます。ところで気になったのが赤潮。ちょっと前までは、家庭排水などがその原因といわれてきましたが、日本海側の大都市部ではないところにも関わらず、ずっと赤潮が目に付きました。単にそういう時期だったのか、それともやはり海の汚れが原因なのか、気になります。知らべてみると、単に家庭排水などの流入による海水の富栄養化だけではなく、干潟の減少が最近注目されているようです。冬の日本海といえばエチゼンクラゲも毎年のように大発生していますし、やはり環境の悪化がこんなところにまで忍び寄ってきているのでしょうか。

Dscn5364

さて、本日、若狭方面にやってきた(私の)最大の目的は、ここのウナギを食べること!。ウナギを食するか、それともイカ丼を食するか、大いに悩んだのですが、今日はなべぞさんのブログでも紹介されていた、「徳右ヱ門」へ。お昼時を少し過ぎてはいましたが、多くのお客さんで混雑していました。まあ、お店自体が広いので、それほど待たずに中に入れましたが。

Dscn5366

4人で来たことを幸いに、うな重をメインに、白焼き、うざく、う巻き、肝吸いと色々注文。1人だととんでもない金額になっちゃいますが(笑)三方五湖で育った、口細ウナギをたっぷり堪能できました。特に弾力たっぷりの、香ばしい「皮」が最高でした。遠くまで来た甲斐があったもんです。

Dscn5380

お昼を済ませて、日本海と三方五湖を眺めることができるレインボ-ラインへ。標高400mの梅丈ヶ岳の山頂からは、見事な景色を眺めることができます。上の写真は日本海。

Dscn5385

こちらは三方五湖。福井県出身の五木ひろしを記念した石碑が立っていて、ずぅ~っと歌が流れています。もう何年、この歌、流れ続けているのやら(笑)

Dscn5392

下の第1駐車場から日本海を眺めると、沖合いに「沖の石」が望めます。

わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の

人こそ知らね かわく間もなし

百人一首の二条院讃岐の歌としておなじみのこの沖の石、宮城の松島辺りにも「沖の石」と言われるものがあるそうですが、当時の時代背景や地理的条件から考えると、こちらのことではないでしょうか、と思うのですが、実際はどうなんでしょうね。

Dscn5393

さて、小浜に戻って国道303号線を通って京都に戻ります。このルートは、いくつかある鯖街道の中でもいわばメインルート。途中、熊川宿にある道の駅で小休止。

Dscn5394

背中の背負子には、笹でくるんだ鯖。昔はこうして京都まで運んでいたんですね。

Dscn5395

鯖街道の終点は出町柳。出町の枡形商店街や錦へは、若狭から鯖やぐじといった京都人の食卓には欠かせない海の幸が、今でも鯖街道を通って届けられています。

先人の苦労に感謝、ですね。 

|

« 光秀祭 その2 | トップページ | Honda US Accord Wagon 2.2iR »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございます。
実は私福井県民でありながら蘇洞門めぐりには行った事がありませんでしたが、様子がよく分かりました!

投稿: なべぞ | 2007年5月 5日 (土) 22時21分

最近はご無沙汰の箇所ばかりですが、かつてはよく訪れた場所が多く懐かしいです。
「徳右ヱ門」、今日古い福井の本を見ていたら出てました。有名店なんですね。
まさか高速経由では行かれていないと思いましたが予想通りでした(笑)。旧朽木村の崩落箇所はまだそのままですか...あれはなかなかすんなり復旧しそうも無いですね。

投稿: ごしゅりん | 2007年5月 5日 (土) 23時09分

>なべぞさん
案外、地元の方のほうが行ったことがなかったりするもんですね。私も金閣寺、去年初めて行きましたから(笑)

>ごしゅりんさん
ウナギ、ぜひ一度!
高速で行くなんてヤボなことは。。。(笑)それに周山街道のほうが早いですからね!(楽しいし)。朽木の崩落箇所は、復旧するんですかね。いっそ対岸の仮設道路を本道にしてしまったほうが早いのでは、と思いました。しかし、あの崩落箇所から始まる渋滞は新本陣まで続いていて、難儀しました (^^ゞ

投稿: harada | 2007年5月 5日 (土) 23時16分

意外とというか何と言うか、なべぞさんや私が住んでいる『嶺北』の者が小浜まで行くことは、中々ないです(三方までは結構行ったりするのですが)。
蘇洞門めぐりは、2年前にやっと達成しましたが、その時には残念ながら上陸なし(晩秋だったので)。
それにしても、やっぱり鰻はうらやまし~い!
ここでオフしたい気分です!

投稿: Takeuchi | 2007年5月 6日 (日) 09時22分

>Takeuchiさん
鰻off、いいですね~。ぜひぜひ!
ちなみに京都では、嵯峨にある「廣川」が好きですね。
ちと高いですけど。
http://unagi-hirokawa.jp/

投稿: harada | 2007年5月 6日 (日) 12時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148419/14962428

この記事へのトラックバック一覧です: 蘇洞門めぐりと三方五湖:

« 光秀祭 その2 | トップページ | Honda US Accord Wagon 2.2iR »