« 金沢駅 | トップページ | 「不都合な真実」 »

2007年2月 3日 (土)

節分

20070203_iwashi002

今日は節分。錦市場に寄った後に、壬生寺にお参りしてきました。

20070203_yamamoto001

20070203_yamamoto002

まずは錦のそば処「山茂登」に、ご挨拶にうかがって、きつねうどんと親子丼をいただきました。学生時代はバイトの賄いで、それこそ毎日いただいていたのですが、ここのところ忙しくてなかなか訪ねることができずにいたのですが、何ヶ月ぶりかにいただいたおうどんと丼の味は、やっぱり「美味しい!」の一言につきます。透明感がありながらも、しっかりとコクのある、とでもいいましょうか、うーん、いや、ほんと、美味しいのです。

20070203_iwashi001

20070203_mame

20070203_makizushi

その後、錦のおすし屋さんで節分の巻き寿司を買ってから、先輩のお宅にご挨拶に。今日は錦も節分モード?

20070203_kagura002

20070203_kagura001

さて、用事をすませ、壬生寺に向かいます。ちょうど四条通から見ると、壬生寺の入り口ともいうべき、四条坊城には「なしのみやさん」こと元祇園梛神社があります。祇園の神が京に来られる際、一度この地で休まれた後、八坂の祇園社へお移りになられたことに因んで、“元”祇園社というそうです。もっとも、かつては神社は現在よりももっと北の方にあったそうです。節分の今日は、どんと焼きの火が焚かれ、古式ゆかしいお神楽が奉納されていました。

20070203_sandou

で、坊城通を壬生寺に向かって南下します。露店が立ち並び、お祭りの雰囲気満点。

20070203_houraku

壬生寺、節分、とくれば、素焼きの「炮烙」(ほうらく)に触れないわけにはいきません。産道には炮烙を売る屋台が並んでいて、参拝する人は、この炮烙を買い求め、家族や知人の「年齢、性別、願いごと」なんかを墨書して奉納する、という珍しい風習があります。この炮烙は、4/21~29に行われる壬生狂言の奉納で、その間の毎日の序曲である「炮烙割」でことごとく割られます。これによって、炮烙を奉納した人は、その年の災厄を免れて幸福を得るという信仰が伝わっているのです。

20070203_mibudera001

さて、境内に入ります。奥に見えるのが本堂。ちなみに新撰組の隊士の墓はこの右手にあります。

20070203_mibudera002

壬生寺は奈良時代に創建されたと伝えられています。京都の歳時記の一つである節分会は、平安時代に白河天皇の発願によって始まったと言い伝えられ、900年もの長い伝統があります。京都の節分会といえば、吉田神社とこの壬生寺が有名ですが、それは吉田神社の方角が御所から見て鬼門(北東)に、壬生寺の方角が裏鬼門(南西)にあたり、古来より節分鬼門詣の重要な役割を担ってきたからです。ちなみに裏鬼門とは、悪い鬼たちが出入りする裏口の意味だとか (^^ゞ

また、壬生寺の節分会では、壬生狂言の奉納が有名ですが、これは正安2(1300)年、円覚上人が、仏様の教えを庶民に分かりやすく伝えるために始めた壬生大狂言がルーツだとか。狂言、といっても、一般的にイメージするものとは違って、以前に嵯峨の釈迦堂の記事でも紹介したような、いわばパントマイムの狂言です。

大勢の人をかき分けお参りし、厄除けの御札をいただいて帰りました。暦の上では春とはいえ、まだまだ寒い日が続きます。体調にも気をつけて、頑張りたいものですね。

|

« 金沢駅 | トップページ | 「不都合な真実」 »

京都」カテゴリの記事

コメント

おおっ!
壬生寺は何度も訪れていますが、こんな光景は初めて見ました。
来年は日曜日のはずなので、この賑わいを見に行きたいですね。

投稿: Takeuchi | 2007年2月 4日 (日) 21時16分

4月の月末の壬生狂言では、この節分の炮烙(ほうらく)が、「炮烙割」という演目の中ででことごとく割られるのです。これもなかなか面白いですよ。早く記事を書かねば(笑)

投稿: harada | 2007年2月 5日 (月) 12時42分

もしよかったら、ここに書き込んで~
http://cocomitemi.jp/

投稿: パンダ | 2007年2月 5日 (月) 23時44分

了解.一般公開?始まったんやね

投稿: harada | 2007年2月 6日 (火) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148419/13776535

この記事へのトラックバック一覧です: 節分:

« 金沢駅 | トップページ | 「不都合な真実」 »