« 地球研でセミナー | トップページ | The 3rd World Congress of Environmental and Resource Economists 2日目 »

2006年7月 4日 (火)

The 3rd World Congress of Environmental and Resource Economists

20060704_opening_1

The Third World Congress of Environmental and Resource Economists(第3回環境経済学世界大会)が秋篠宮殿下御臨席のもと始まりました.

20060704_ostrom001_1

20060704_ostrom002_1

開会式のあと,最初のセッションはProf. Ostromの講演でした.日本でも「入会(いりあい)」として古くからみられる地域住民自らの手による共同での資源管理の現代的な意義と可能性についての講演,フロアからの質問も相次ぎ,コモンズへの関心の高まりも伺え,また,私たちがずっと研究してきたことでもあり,とても勇気付けられるお話でした.

20060704_bateman001_1

20060704_bateman002_1

続いて参加したのは環境評価のセッション.イギリスのUniversity ofEast AngliaのIan Bateman教授の報告.海面上昇による被害を防止するためにあなたはいくら支払っても良いですか?という支払意思額の推計について,「○○haの土地が沈む」なんていわれても,そんなの実際にどれくらいのことなのかはっきり分かる人なんているのか?だったらバーチャルリアリティールームでCG画像を見てもらって考えよう!という,なんとも面白いお話でした.

海外の学会に参加してみると,こういう面白いアイデアが色々と披露されて,なかなか刺激になりますよ.

|

« 地球研でセミナー | トップページ | The 3rd World Congress of Environmental and Resource Economists 2日目 »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148419/10920630

この記事へのトラックバック一覧です: The 3rd World Congress of Environmental and Resource Economists:

« 地球研でセミナー | トップページ | The 3rd World Congress of Environmental and Resource Economists 2日目 »