« 明治の迎賓館 | トップページ | 同志社大学のカフェにて »

2006年4月30日 (日)

百年桜

20060430_hyakunichi007_1

京北・黒田の百年桜が満開になりました.

酷道マニアな方々の間では有名だそうな,国道477号線を北上.北山杉の森の中を窓を開けてドライブ,なかなか爽快です.

20060430_r477_1

ついこの前までは「北桑田郡京北町」だったのが,今や「京都市右京区」,こんな山中で出会うのは違和感たっぷりな標識です(笑)

20060430_r477

この道,大阪府池田市から三重県四日市市に至る国道なんですが,そのルートといったら,なかなかのもの.ちなみに琵琶湖大橋もこの国道だったりするわけですが,手元に道路地図のある方は,ぜひ確認を!私も全線走破したことはありませんが,京都市北部のこの辺りは免許を取ったときに,この道をしょっちゅう走って運転を鍛えさせてもらいました (^^ゞ

車幅感覚なんて,すぐに鍛えられます.じゃないと,崖でクルマをこするか,谷底に転落するか(汗)初心者マークな皆さん,ぜひこんな道で練習を!なんて,あまり他人には薦められませんが,でも実際,こんな道を休みのたびに走り回って,楽しんでいました(今もだけど)

20060430_katsuragawa001

京北町を過ぎると,上桂川に沿って進んでいきます.橋の上から,川底がはっきり見える綺麗な(そして冷たそうな)水.これが大阪湾に注ぐなんて,ちょっと信じがたいですね.ちなみに山の向こうは由良川水系,そう,日本海側になるんですね.

そんな道をどんどん進むと,突然目の前に満開の大きな桜が!本日の目的地,黒田の宮地区にある春日神社の百年桜です.

20060430_hyakunen001

この桜,ヤマザクラの突然変異種で,1本の木に,一重咲きと八重咲きの花が開く,という非常に珍しい木です.

この辺りの氏神である春日神社(ちなみに奈良の春日神社の分社)の脇に,かつて桜の大木があったそうですが,明治6年の台風で倒れてしまい,これを惜しんだ村の人々が1本の八重桜をその跡に植えました.何気なく植えたものの,これが一重と八重の混じり咲く「八重一重」という珍しい品種とわかり,昭和42年「百年桜」と命名されて大切にされています.樹齢がおよそ100年であったことと,ちょうど明治百年にあたることで,百年桜と名付けられたそうです.ちなみに子孫がその年,大阪の造幣局の通り抜けの場所に植えられています.

20060430_hyakunen003

こちらが八重咲き.

20060430_hyakunen006

探してみると,確かに一重咲きもあります.

20060430_hyakunen004

みんな,八重と一重がほんとに一緒にあるのか探します(笑)

20060430_hyakunen008

狛犬は桜の木の下で何を想う?

20060430_hyakunen009

詳しいことはこちら↑を.

境内には,もう一本,満開の八重桜が.こちらも淡い色が美しい桜です.

20060430_kasugayae

20060430_kazugayae002

山の中に,本当にポッとそこだけ春が来たような,綺麗な綺麗な,桜でした.村の人たちに本当に大事にされていることがよく分かる,立派な木です.その桜をバックに,記念写真を1枚.(^^)

20060430_sakura206

この辺りは,今の時期はアマゴ釣り,夏になるとアユ釣りでも有名な場所ですが,文字通りの清流.橋の上から底がくっきり見える澄んだ水を眺めていると,改めて水を汚すことの愚かさ,悲しさを感じます.

20060430_katsuragawa002

上流ではこんな綺麗な水が,人の手を経るうちにどんどん汚くなっていく,いつかどこかでそんなことは終わりにしないといけないのになぁ,と思わずにはいられません.次の世代にどんな水を伝えていくのか,私たちに課せられた大きな宿題ですね.

20060430_koinobori

帰りは,周山から日吉町を通って.文字通り「屋根より高い鯉のぼり♪」です.近頃は鯉のぼりもずいぶん減ってしまいましたが,やっぱりいいですね.小さかったころ,小学校の教室から,あれは誰の家の鯉のぼり,と競い合ったことを思い出します.屋根より低い鯉のぼりの家は「屋根よ~りひ~くい鯉の~ぼり♪」と冷やかしましたっけ.

今年のGWは天気にも恵まれそうですね.どうか事故のないように,楽しいGWを!

|

« 明治の迎賓館 | トップページ | 同志社大学のカフェにて »

京都」カテゴリの記事

コメント

同じ京都、しかも市内(?)で桜の開花がこうも違うとは(笑
しかし美しいですね。この時期は、日本人で良かったなーと感じる季節でもあります。

R477は鞍馬・花背から黒田、常照皇寺~R162というルート取りはした事がありますが、鯖街道から百井峠は行った事がありませんので是非一度と思っております(笑)。先週は佐々里方面へ抜けてしまいましたし。
京北で右京区と言うのは違和感ありですね。久多の左京区というのもそうですけど。みんな合併していってしまいますねぇ。美山が南丹市というのもちょっと「?」ですが。
元の北桑田郡が京都市と南丹市に分かれてしまいましたが、旧京北町の川(上桂川)は日吉、八木、亀岡を経て大阪湾へ、深見峠を越え旧美山町域の川は日本海側へ注ぐことを考えれば、同一郡内と言えども文字通り「水が違った」のかもしれませんね(笑

今後もDriveレポ(に限らず)を期待しております

投稿: ごしゅりん | 2006年5月 1日 (月) 08時58分

しつこく続く桜便り(笑)
しかし,ほんと,京都の桜はバラエティーに富んでいて,飽きさせてくれません.次は松尾大社の山吹か,と,チャンスをうかがっています.

南丹市長選挙,昨日ありましたね.まったく何だったんだ?的出直し選挙です.京北町が抜けたのは,某Y町の放漫財政のツケを払わされるのはゴメンだ,的要因が大きいそうですが(ちなみに我が市もそれで合併拒否だとか),しかし一方で「京都市民」になったはいいけど,結果として大幅な増税&住民サービスの低下,挙句の果てには市内のゴミ処分の受け入れ,と,色々踏んだり蹴ったりなお話もちらほら.旧町時代は徹底的なゴミの分別してたのに,京都市になっておなじみの全部一緒に捨ててもOKなんてのもおかしな話ではあります.

それよりビックリしたのが,京北の人も,亡くなったら以前の園部の火葬場ではなく,東山の火葬場まで行くようになった!なんてお話.

本当は合併も,もっとじっくり議論すべきことなんだけどなあ,と職業柄思ったりします.

投稿: harada | 2006年5月 1日 (月) 10時53分

屋根より低~い!と囃したてて苛めっ子してたんですか?!(爆)
京都に住んでいながらその良さの1/3も知らないのではと思ってしまいます。
数々の桜記事は見ていて心洗われますね♪

追伸:
アーシング後の度重なる御丁寧なレポート感謝!
昨日同型エンジンのご依頼を仕上げ、記事追記しました。
後発の利で、回を追うごとに改良?試みていくので
先達の方々には少し申し訳無く思う面もしばしばなのですが
何卒御容赦のほどを。
それに若干のレイアウト変更は好みで良し悪し。
初回作が一番と思われるかもですよね~♪

投稿: クルマ屋 | 2006年5月 5日 (金) 01時25分

花背方面以北は本当に開花時期に差がありますね。
百年桜、きれいですね。
またマイカーとの記念写真がスバラシイ!
神社とセットというのがまた魅力的です。
今週末でもまだ残っているかしら???

投稿: おかみちょん | 2008年4月22日 (火) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148419/9836161

この記事へのトラックバック一覧です: 百年桜:

« 明治の迎賓館 | トップページ | 同志社大学のカフェにて »