« 同志社のクリスマスツリー | トップページ | 桂川流域シンポジウム »

2005年12月 1日 (木)

トップナンバー

blog_photo1202_103_001右側が大阪環状線最古参車両!

現在,JR大阪環状線で走っている電車の最古参車両が,写真右側のクハ103-1号車.103系電車とは,国鉄新性能電車の元祖,101系のあとを受けて製造された1963年(昭和38年)から1984年(昭和59年)までに実に21年に渡り3,447両製造された電車です(wikipediaより).

blog_photo1202_103_002この車両は,昭和38年に製造され,東京の池袋電車区に配置され,山手線で活躍していました.ここ大阪に移ってきたのは,昭和51年のことだそうです.

車内は,レトロな扇風機や,ペンキでベタ塗りされた扉など,昭和レトロ満点の雰囲気(つまりはボロイわけですが).日本の高度成長から21世紀の今日まで,東京と大阪という2大都市で眺めてきたこの電車も,まもなく引退だそうです.

blog_photo1202_103_004 またひとつ,「昭和も遠くになりにけり」ですね.

|

« 同志社のクリスマスツリー | トップページ | 桂川流域シンポジウム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148419/7416792

この記事へのトラックバック一覧です: トップナンバー:

« 同志社のクリスマスツリー | トップページ | 桂川流域シンポジウム »