« トップナンバー | トップページ | 蟹解禁! »

2005年12月 3日 (土)

桂川流域シンポジウム

20051203_katsuragawa亀岡市で桂川流域ネットワーク主催による,桂川流域シンポジウムが開かれました.

角倉了以の大堰川開削から来年で400年,現在はその筏流しをルーツとする保津川下りが有名ですが,流域としての取り組みはどちらかというとこれまで遅れていたのが現状でした.

上流から下流域まで,いろいろな良い面もあれば抱えている問題もあります.また,希少種である生物も多数生息する一方で,これらをどう保護していくか,また開発とどう両立していくか,課題は山積しています.

これからの桂川をどのように作り上げていくのか,次の400年に向けてのスタートの年となれば,と思います.

桂川流域ネットワークのサイト:http://www.geocities.jp/katsuranet/index.html

|

« トップナンバー | トップページ | 蟹解禁! »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148419/7482789

この記事へのトラックバック一覧です: 桂川流域シンポジウム:

« トップナンバー | トップページ | 蟹解禁! »