« 学園祭 | トップページ | 狛いのしし »

2005年10月30日 (日)

Riverdance

dozima_river 今日は大阪・フェスティバルホールであった「Riverdance」を観に行ってきました.

「Riverdance」を見るのは,2回目,初めて見たのは,NYを訪れた際にたまたま演じられていた「Riverdance on Broadway」でした.

「Riverdance」は,もともと,Eurovision Song Contest(NHK音楽コンクールのヨーロッパバージョンのようなもの,といえば話が早いでしょうか)で,アイルランドがホストをつとめた1994年,幕間のパフォーマンス作品として上演されたのが最初のスタートだそうです.しかし,当時この7分のダンスがグラミー賞を受賞し,世界中に大ブームを巻き起こすとは誰も思わなかったそうで,のちに「奇跡の7分間」と呼ばれるようになりました.

内容を簡単に書けば,「アイルランドの作曲家Bill Whelanが,アイルランド民族の歴史を川の流れになぞらえて,現代的なアイリッシュダンスや,それをルーツとするアメリカのタップダンス,スペインのフラメンコ,ロシアのバレエなんかを組み合わせて作られた舞台作品」といえばいいでしょうか.

ミュージカルは苦手,ダンスに興味がない,英語は分からない,なんて心配は無用です.見ていたら分かるないようですし,何より,その迫力に圧倒されますから!(笑)

ちなみに私が「Riverdance」を知ったのは,おぼろげな記憶ですが,深夜のTVのCM,なんかすごいな~,と思っていたのを覚えています.あとで知ったことですが,それが,1998年の日本初演だったそうで,そのときは宣伝もかねて,御堂筋パレードの車上ステージで披露されたのが最初らしいです(笑)

今年で,「Riverdance」も10年目,細かいところはいろいろ変わっていたり,メンバーの中に日本人のダンサーも加わったり,といった変化もありますが,やっぱり「良いものは良い!」ぜひ一度,機会があれば皆さんもどうぞ.

...もちろん,舞台の写真は撮れるわけも無いので,フェスティバルホールを出たすぐのところ,大阪の堂島川を.ここも日本の歴史を語る際には欠かすことの出来ない舞台ですね.

参考情報

Riverdance.com(映像もあります)

Air-riverdance.org(日本のファンのコミュニティサイト)

|

« 学園祭 | トップページ | 狛いのしし »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

原田さん
なんと素敵な個人サイトでしょう。
美しい写真と興味ある話題と内容、感激!
リバーダンスは私も昔ニューヨークで見て大感激でした。あのリズムと音、哀愁を帯びたメロディーに乗っての群舞、やはり昔アイルランドに仕事に行った時には出会わなかった不思議な体験をNYでしました。
紹介された本早速注文しました。
原田さん御自身も文章家ですね。楽しく読ませていただきました。

投稿: 鋤柄光明 | 2005年11月 2日 (水) 08時40分

初コメントありがとうございます.(^^)
私はまだアイルランドには行ったことがないのですが,とりあえず,ビールとウイスキーを飲みに行きたいなぁ,と(笑)
イーリアンパイプ(Uilleann Pipes)のなんともいえない哀愁漂う響き,クセになります.

同級生の本も,ぜひ学生さんにも紹介してください!
こんな世界,こんな生き方もあるんや~,と知ってもらえたらなぁ,と思います.

投稿: harada | 2005年11月 2日 (水) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148419/6763332

この記事へのトラックバック一覧です: Riverdance:

« 学園祭 | トップページ | 狛いのしし »