2015年12月23日 (水)

いわゆる「ふるさと納税」について少し考えてみた(その2)

前回に続いて、ふるさと納税について考えてみたいと思います。

自治体間の財政力格差を是正しようと始まった「ふるさと納税」は、都市部に住む住民が住民税の一部を自分の出身地などの自治体に振り替える仕組み、と言えます(実際には納税では無く、自治体への寄付ですが)。

地方部で生まれ、その町で教育を受けた子供が、大きくなって都会に移り住み、そこで働き、税を都市部の自治体に納める、ということは、見方を変えると地方部が人々の教育費用を負担したのに、生産活動は都会で行って都市部の自治体に納税で貢献している、つまり都市部はその人の教育費用を地方部に「ただ乗り」してしまうことになります。

そこで、大人になった人々が都市部にもたらした「果実」の一部を、人々が若い時にその教育費用を負担した地方に還元しよう、というのが「ふるさと納税」の基本的な考え方と言えるでしょう。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年12月20日 (日)

いわゆる「ふるさと納税」について少し考えてみた(その1)

年末を迎えて何かと話題の「ふるさと納税」。正確にいうと、「都道府県・市区町村に対する寄附金のうち、2,000円を超える部分について、一定限度額まで、原則として所得税と合わせて全額が控除されます。」「ふるさと納税ポータルサイト」総務省)。つまり好きな自治体に寄付をして、その分、納税額を減らせる!という仕組みですが、豪華な返礼品ばかりが話題となって、もはや「節税できる通販サイト」状態・・・

というわけで「ふるさと納税」について少し考えてみました。

「ふるさと納税」制度が始まったのは2008年度からで、本来の目的は都市と地方の財政格差を縮小するために導入された制度です。例えば、全国平均を100として、都道府県別に人口1人当たり税収額を比較してみると、上の図のように、地方税収計については、東京都が167.7で最も大きく、最低の沖縄県の64.9と比べると約2.6倍の格差となっています。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年12月18日 (金)

「高齢者に3万円給付」のお話について

各所で話題の「高齢者に3万円給付」のお話。高齢者を敬う、ということとはまったく別の次元の話で、(そもそも制度の出来は良くなかったけれども)子供1人につき3千円/年を給付するという子育て給付金(子育て世帯臨時特例給付金)は軽減税率導入と軽減税率導入と引き換えに廃止(それはまあいいとして)。なのに「低所得」の「高齢者」には3万円給付・・・。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年11月21日 (土)

今年も嵐山でアンケート調査実施中

20151121_114301

今年も恒例のゼミでの嵐山アンケート調査を行なっています。今年からはテーマを変えて、「保津川の天然遡上鮎の復活に関するアンケート調査」。今、漁協や行政、NPOのみなさんと取り組んでいる保津川の天然遡上鮎の復活に役立てたられたら、ということで始めています。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年6月 6日 (金)

増えすぎた鹿のお話し

Photo_3

昨日、今日と講義では増えすぎた野生動物、特に鹿による被害と狩猟について取り上げました。若い猟師さんを取り上げたドキュメンタリー番組を切り口にして、様々なデータや自分の経験談も交えてお話すると、いつになく学生さんも熱心に聞いてくれました(と思う、笑)

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年2月 3日 (月)

淀川・庭窪わんどの清掃作業に参加しました

Img_3460

またまた久々のブログアップ。超不定期化していますが、まあぼちぼちと続けていきます。さて、先日2月1日(日)、守口市の淀川にある庭窪わんどの清掃作業に学生とともに参加してきました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2013年3月 6日 (水)

アユモドキと、スタジアムと

Dsc_0826_2

私の住む亀岡市を流れる保津川(の支流)には、国の天然記念物である「アユモドキ」という魚が生息しています。かつてはこの辺りではごく普通に見られた魚でしたが、岡山平野を流れる吉井川や旭川、琵琶湖淀川水系にしかそもそも生息しておらず、現在は岡山市内と亀岡市内でしか繁殖が確認されていません。つまり、琵琶湖淀川水系では唯一の生息地。また、岡山では自然繁殖している場所がなくなり、市民のみなさんの必死の努力でなんとか休耕田を活用して繁殖ができるように守られていますが、それも危機的状況です。

環境省のレッドデータブックでは、アユモドキはながらく「絶滅危惧種IA類:」に分類されています。つまり「ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの」ということです。そのアユモドキが自然に繁殖している、地球上で最後の場所が亀岡の川なのです。

今、京都府が進める大型スポーツスタジアムの建設計画が持ち上がり、このアユモドキが生息する川のすぐそばが最終候補地となりました。地域振興と希少種保全、私なりに考えをまとめてみました。

» 続きを読む

| | コメント (2)

2012年9月23日 (日)

お魚救出大作戦

Sdscf3712_2

気が付けば、ずいぶん久しぶりのブログ更新です。今日は、京都府亀岡市内を流れる小川「牧田川」で、河川改修にともなう魚たちの救出作業が行われました。今年の冬にも魚の引っ越しを行ないましたが、この秋からまた工事が始まる、ということで行われた救出作戦。

一連の経緯は、このブログでもご紹介してきましたので、ご覧ください。

私個人としては、いくら考えても納得のいかない工事ですが、現実にはなかなか難しい問題もたくさんある中で、河川管理者である市役所のみなさんも出来うる限りの対応をしてくださり、また、今日もたくさんの方がボランティアに駆け付けてくださいました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2012年6月25日 (月)

淀川・庭窪わんどの清掃活動に参加しました!

Img_2839

昨日(24日)は淀川河川レンジャー主催の「庭窪ワンド周辺清掃活動」が開催され、ゼミ生とともに参加しました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2012年6月21日 (木)

誰のための“公共”施設か?

Img_5276

昨日(6/21)の報道ステーションでも取り上げられた武雄市の図書館問題。すでに各所で報じられているのでご存知の方も多いとは思いますが、TSUTAYAでおなじみ、CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社)指定管理者として市立図書館の運営を委託する、というもの。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«西友、レジ袋を全店舗で有料化へ